スポンサーリンク

映画『アイネクライネナハトムジーク』のフル動画を無料視聴する方法!おすすめの動画配信サービスは?

2019年9月公開の映画『アイネクライネナハトムジーク』のフル動画を無料で視聴するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、動画配信サービスを活用して映画『アイネクライネナハトムジーク』のフル動画を無料視聴する方法をご紹介します。

映画『アイネクライネナハトムジーク』のフル動画を無料視聴する方法の記事のサムネ画像

スポンサーリンク

映画『アイネクライネナハトムジーク』の動画を無料でフル視聴する方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

映画『アイネクライネナハトムジーク』公式さん(@einemovie)がシェアした投稿

結論から申し上げますと、現時点で映画『アイネクライネナハトムジーク』を視聴できる方法はございません。

ただ、映画『アイネクライネナハトムジーク』が動画配信サービスで配信されるようになれば、動画配信サービスのお試し期間・トライアル期間を活用して、無料で視聴することも可能になります。

映画『アイネクライネナハトムジーク』を無料視聴できる動画配信サービス

この記事を公開いたしました2019年10月時点では、映画『アイネクライネナハトムジーク』を配信している動画配信サービス(VOD)はございません。

映画『アイネクライネナハトムジーク』のフル動画を無料視聴する方法

この記事を公開いたしました2019年10月時点では、動画配信サービスで映画『アイネクライネナハトムジーク』を合法的に無料視聴する方法はございません。

新作映画は、DVDリリースと同じタイミングで、動画配信サービスでの配信がスタートになるケースが多いです。

そして、一般的には、映画の公開後4ヶ月から6ヶ月でDVDがリリースされます。

なので、映画『アイネクライネナハトムジーク』の動画配信が開始される時期は2020年1月~3月頃になると予想されます。

映画『アイネクライネナハトムジーク』の配信時期が正式に確定しましたらご案内致しますね!

また、現時点では、映画『アイネクライネナハトムジーク』がどの動画配信サービスで視聴可能となるかは判明していません。

しかしながら、これまでに数多くの邦画を配信していることより、U-NEXTで動画配信される可能性は高いと思われます。

ご参考までに、U-NEXTのメリットをまとめますね!

動画配信サービスで映画『アイネクライネナハトムジーク』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)

▼▼もらったポイントで無料視聴する!▼▼

動画配信サービス・U-NEXT

↑↑登録カンタン↑↑

▲▲トライアル期間中の解約OK!▲▲

動画配信サービスで映画『アイネクライネナハトムジーク』を無料視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメです!

 

  • 無料お試し期間が充実の31日間もあります!
  • 無料期間でも600ポイントがプレゼントされます!
  • プレゼントとされたポイントで映画『アイネクライネナハトムジーク!』を視聴できます!
  • 解約はカンタン!お試し期間中に解約すれば費用は発生しません!

 

※ただし、現時点では『アイネクライネナハトムジーク!』の配信は始まっていないのでご注意ください。

 

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
動画ダウンロード 可能

U-NEXTでは映画『アイネクライネナハトムジーク』のみならず、約13万本もの動画作品が見放題です!

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンは解約もカンタンです。

お気楽に試してみてくださいね!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

 

映画『アイネクライネナハトムジーク』のフル動画を無料で視聴するならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメの理由!

動画配信サービスで新作映画のフル動画を無料で視聴するなら『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』がオススメです!

『U-NEXTの無料お試しキャンペーン』の特典で配布されたポイントを使用すれば新作の映画を無料で視聴することも可能となります。

映画『アイネクライネナハトムジーク』がU-NEXTで配信された場合は、特典でゲットしたポイントを活用して無料視聴することができます。

動画配信サービス・U-NEXTの『無料お試しキャンペーンの特典』をおさらいします。

U-NEXTの特典

・U-NEXTを31日間無料で使用することができるます
・約13万もの動画が見放題です
・無料期間なのに有料コンテンツの視聴に使える600円分のポイントがもらえる
・無料お試しキャンペーン期間内に解約すれば 使用料は一切不要です

無料お試し期間 31日間
月額料金 1,990円(税別)
支払い方法 クレジットカード、携帯引き落とし、プリペイドカード
無料視聴可能な映画 約13万本

さらに、無料お試しキャンペーン後にサービスを継続利用すれば、毎月1,200円分のポイントがチャージされます。

1200円分のポイントは、有料の映画・ドラマの視聴やマンガ・書籍の購入に充当できます。

ポイント消費の目安は、新作映画の場合は550ポイント程度また有料旧作映画の場合は440円程度です。

毎月2本の新作映画を視聴することができますね!

ぜひ、U-NEXTの無料お試しキャンペーンを活用してみてください!

動画配信サービス<U-NEXT>無料お試しキャンペーンはコチラ!

 

映画『アイネクライネナハトムジーク』の作品紹介

映画『アイネクライネナハトムジーク』の公式予告編動画

《アイネクライネナハトムジーク・予告編》

劇的な出会いを待つ主人公の青年・佐藤を中心に、彼に関わる様々な人達の人間模様を描いた恋愛群像劇です。

人気作家の伊坂幸太郎がミュージシャンである斉藤和義のために書き下ろした短編小説が元になっています。

佐藤が出会う一人の女性・紗季との10年越しのラブストーリーが物語の軸になっていて、風変わりな佐藤の友人夫婦や妻と子に逃げられた職場の上司、見知らぬ男に恋をする美奈子など個性あふれるキャラクターが多数登場します。

映画『アイネクライネナハトムジーク』のあらすじ(ネタバレなし)

 

この投稿をInstagramで見る

 

映画『アイネクライネナハトムジーク』公式さん(@einemovie)がシェアした投稿

主人公の佐藤は劇的な出会いを待つだけの佐藤は、マーケティングリサーチ会社で働いています。

仙台駅前で街頭アンケートをとっていますが、誰も立ち止まってくれません。

そこで快く応じてくれた紗季と出会います。

紗季の手には手書きで「シャンプー」という文字が書かれてしました。

思わず「シャンプー」と口にする佐藤。

これが二人の出会いで、物語は10年後へとつながっていきます。

佐藤の親友で同級生と結婚し幸せな家庭を築いている織田や美容師として働いている美奈子も登場します。

映画『アイネクライネナハトムジーク』の解説

 

この投稿をInstagramで見る

 

映画『アイネクライネナハトムジーク』公式さん(@einemovie)がシェアした投稿


「アイネクライネナハトムジーク」は、2019年9月20日に公開されました。

仙台を舞台にした作品で、オール仙台ロケで撮影されています。

音楽を手掛けているのは原作にも関わった斉藤和義で、彼がモデルのストリートミュージシャン「斎藤さん」も映画に登場します。

斉藤和義ファンも映画化を待ち望んだ作品です。

原作は6編の短編で構成されていますが、映画でもそれぞれの物語が緻密に絡み合い1つの恋物語として完成しています。

映画『アイネクライネナハトムジーク』の見どころ

 

この投稿をInstagramで見る

 

映画『アイネクライネナハトムジーク』公式さん(@einemovie)がシェアした投稿

偶然の出会いから10年、思いがけない巡り合いが連鎖し、主人公である佐藤と紗季に関わる様々な人々の人間模様が描かれて行きます。

パズルのピースがピッタリはまるように、映画にちりばめられた伏線がつながっていくのが見どころです。

「出会い」をテーマにしながら、「出会い」よりも大切なことがあるという言葉が心に響きます。

また、シンガーソングライターの斉藤和義が手掛けた主題歌や音楽が、物語を大きく盛り上げてくれます。

映画『アイネクライネナハトムジーク』の感想

仙台を舞台に繰り広げられる恋愛群像劇です。

出会いを待つだけの男が10年経ってどう変わるのか、主人公を取り巻く人々が織りなす物語がどうつながっていくのかが見どころになります。

愛と奇跡に満ち溢れた作品で、見終わった後は清々しい気持ちになります。

映画『アイネクライネナハトムジーク』の登場人物・キャスト

 

この投稿をInstagramで見る

 

映画『アイネクライネナハトムジーク』公式さん(@einemovie)がシェアした投稿

佐藤(三浦春馬):主人公。マーケティングリサーチ会社に勤務する平凡な会社員

本間紗季(多部未華子):偶然、佐藤と出会う女性

織田一真(矢本悠馬 ):佐藤の親友。同級生と結婚している

織田由美(森絵梨佳):一真の妻。学生時代はマドンナ的存在

美奈子(貫地谷しほり):由美の同級生で美容師

藤間(原田泰造):佐藤の上司で妻子に逃げられた

斎藤さん(こだまたいち):ストリートミュージシャン。

映画『アイネクライネナハトムジーク』のスタッフ

監督:今泉力哉

脚本:鈴木謙一

音楽:斎藤和義

原作:伊坂幸太郎

コメント

タイトルとURLをコピーしました