画像引用:https://i2.wp.com/i-article01.com/wp-content/uploads/2015/07/%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%BD%A91.jpg元フジテレビ女性アナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍中の高島彩さん。

優しい笑顔に、癒されたことがある方も多いはずです。

そんな、高島彩さんの生い立ちについて紹介をしていきたいと思います。


sponsored link

 

高島彩のプロフィール

 

《高島彩のプロフィール》
画像引用:http://jinfo.jp/wp-content/uploads/2014/12/aya00.jpg出生名:高島 彩(たかしま あや)
出身地:東京都世田谷区
生年月日:1979年2月18日
血液型:B型
身長:163cm
所属事務所:フォニックス

 

 

高島彩の出身地と実家の家族構成

 

アヤパンの愛称で呼ばれた高島彩さんは、東京都の世田谷区出身です。

父親の高島史旭さんも竜崎勝という芸名で俳優として活躍していました。

必殺仕事人や大河ドラマにも出演していたた名脇役です。

高島彩さんのお父さん・竜崎勝さんの画像は多数残っています。

コチラが高島彩さんのお父さんの画像です!

じゃん!

 

画像引用:http://d2dcan0armyq93.cloudfront.net/photo/odai/400/a250c543d2d72c0f72694b6e46635897_400.jpg

画像引用:http://d2dcan0armyq93.cloudfront.net/

 

シニアの方なら、『あっ、見たことがある!』と思うことでしょう!!

また、お父さんはフジテレビで長年リポーターを務めた経験もあるようです。

その影響もあって高島彩さんがフジテレビへ入社するキッカケにもなったのかもしれませんね。

お母さんは身だしなみに厳い方で、高島彩さんもよく叱られたそうです。

しかし、叱ってくれることへの感謝を忘れなかった高島彩さん。

お母さんには、とても感謝しているそうです。

ちなみに、お兄さんも俳優として、一時期芸能活動をされていました。

しかし、現在は一般人となり、メガネ屋さんの店員をしているようです。

 

 


sponsored link

 

 

高島彩の出身小学校・中学校

 

高島彩さんは、母のススメで都内の名門校として有名な成蹊小学校へ入学します。

高島彩さんは小学5年生という多感な時期に父親を亡くしています。

その時に、当時の担任の先生が優しくサポートしてくれたことを今でも感謝しているそうです。

このような経験から細やかな気配りする高島彩さんが生まれたのかもしれません。

小学校の頃は、家庭科部に所属していた高島彩さん。

入部理由は、見学に行った時にアイスクリームを食べさせてもらえたからだそうです(笑)

小学校卒業後も成蹊中学校へ進学した高島彩さん。

ちなみに、一般入試を受験した場合の成蹊中学校の偏差値は64です。

中学時代は、体を鍛えたいという理由からバスケットボール部に入部。

しかし、母からは、3年間続かないと断言されます。

それで逆に火がつき、高島さんは3年間バスケ部をやり通しました。

中学生の頃から、メンタルの強さを発揮していますね。

 

 

高島彩の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

中学卒業後も、そのまま成蹊高等学校へ進学した高島彩さん。

ちなみに、一般入試を受験した場合の成蹊高校の偏差値は71です。

高島さんは『高校時代は悪いことをいっぱいした!』と語っています。

成蹊は吉祥寺にあり、高校生にとっては誘惑の多い街かもしれませんね!

しかし、不良というわけでもなくどちらかというとギャルに近い感じかと思います。

ちなみに、一般入試を受験した場合の成蹊高校の偏差値は68です。

お嬢様・お嬢様学校のイメージもある成蹊高校に通う高島さんがした『悪いこと』。

逆に、どれくらい悪いことだったのか、興味ありますね(笑)

高校に入学した高島さんは、兄がやっていた影響もありラグビー部のマネージャーになります。

マネージャー時代には、手作りのお守りも作っていたそうです!

ラグビー部員にとっては宝物になったかもしれませんね!

高校卒業後、高島さんはエスカレーター方式で成蹊大学法学部政治学科へ進学します。

ちなみに、成蹊大学法学部政治学科の偏差値は55~57.5です。

アナウンサーになった時に、大学で学んだ語学や政治問題が役だったそうです。

アナウンサーを目指したのは、兄の友人がフジテレビのアナウンサーだったことがキッカケ。

その兄の友人から『お台場アナウンススクール』に誘われたことがキッカケです。

記念すべき人生初の原稿読みは全くダメ…

それが悔しくて、アナウンサーという職業にさらに惹かれていったそうです。

 

 

まとめ

 

お茶の間に、いつも優しい笑顔を届けている高島彩さん。

小学生の時に父親を亡くす悲劇があったからこそ、人に優しくなれるのかもしれませんね!

高島彩さんの、今後の益々のご活躍に期待です!

 

 


sponsored link

関連記事はこちら