1. 画像引用:http://koimousagi.com/wp-content/uploads/2016/03/morisigehisaya-e1458744963501.jpg昭和の演劇界、芸能界を代表する大スター森繁久弥さん。

豪放磊落、洒脱で粋なお姿が目に浮かびますが、実際は父方も母方も由緒正しい名家の血筋です。

そして、教育熱心なご家庭の影響で歴史ある有名進学校のご出身でもあります。


sponsored link

森繁久弥のプロフィール

 

《森繁久弥のプロフィール》
画像引用:https://img.discogs.com/Wn3WWAqNdLNV9hqxirhGNH-wSf4=/450x548/smart/filters:strip_icc():format(jpeg):mode_rgb():quality(90)/discogs-images/A-1979395-1500091082-1315.jpeg.jpg本名:森繁久弥(もりしげひさや)
生年月日:1913年5月4日
没年月日:2009年11月10日
出生地:大阪府枚方市上之町
身長:171cm
血液型:B型

 

 

 

森繁久弥の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/cd/Hisaya_Morishige_1954_Scan10005_160913.jpg/275px-Hisaya_Morishige_1954_Scan10005_160913.jpg

画像引用:https://upload.wikimedia.org/

 

森繁久弥さんは、1913年5月4日大阪府枚方市生まれ。

菅沼達吉さん、愛江さんご夫婦の間に三人兄弟の末っ子として誕生します。

父方の祖先には、江戸幕府の大目付や儒教学者の名前が挙げられる名家のご出身です。

また、森繁久弥さんのお母様のご実家は、大きな海産物問屋を営まれていたということです。

お父様の達吉さんは、高校の教員をスタートに、日本銀行大阪支店長など数々の重責につきます。

しかし、久弥少年が2歳のときに他界。

その後、菅沼久弥少年が、母方の祖父である森繁家の跡を継ぐこととなり、森繁姓を名乗ります。

以降、芸能界に入られても本名のままでご活躍されます。

こうして、昭和の名優、森繁久弥さんのお名前が誕生するわけです。


sponsored link

 

 

森繁久弥の出身小学校・中学校

 

画像引用:https://i.pinimg.com/236x/4b/1e/40/4b1e406163a01eb2e35e1eb249fbc019--japanese-film-japanese-style.jpg

画像引用:https://i.pinimg.com/

 

枚方市で幼少期を送り、枚方尋常小学校に入学した久弥少年。

父親の死後、母方の祖父である森繁平三郎の跡を継ぐこととなり兵庫県西宮市鳴尾に引っ越します。

こうして、森繁久弥さんは、小学校五年生までを、西宮市立鳴尾小学校で過ごします。

しかし、教育熱心な母親が、当時から有名な進学校であった大阪市の北野中学校への進学を希望。

そのため、小学校卒業を目前にして、大阪市立堂島小学校へ転校することを選びます。

北野中学校は、現在の大阪府立北野高等学校の前身です。

ちなみに現在の大阪府立北野高校は偏差値76で大阪では最も難関の高校です。

国公立大学や難関私立大学の合格者が多い文武両道の高校です。

卒業生の中には、さまざまな分野で活躍する優秀な方々のお名前が多く見られます。

 

 

森繁久弥の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr172/auc0303/users/2/5/4/6/lot_rock_salt-img295x253-1257877111q6ooul3618.jpg

画像引用:https://auctions.c.yimg.jp/

 

大阪市の北野中学校を卒業した森繁久弥さんは、東京の早稲田第一高等学院に進学します。

早稲田第一高等学院は、現在の早稲田大学高等学院の前身です。

ちなみに、現在の早稲田高等学院の偏差値は76。

森繁久弥さんが天才的な頭脳の持ち主であったことがわかりますね!

この早稲田第一高等学院を経て、森繁久弥さんは、早稲田大学商学部へと進みます。

この早稲田大学在学中に、早稲田大学演劇研究会に入会します。

そしてこれが、森繁久弥さんと演劇との運命的な出会いとなります。

森繁久弥さんのスターへの道のりの始まりといえそうです。

時間をおかずして、演劇研究会の中心的存在となった森繁久弥さん。

この頃に東京女子大学の学生であった後の奥様と知り合いました。

演劇研究会を脱退し、アマチュア劇団を旗揚げするなどの活動を続けていた森繁久弥さんですが、当時の大学生に課せられた軍事教練を拒否したことがキッカケで、早稲田大学を中退。

さらに演劇の道へ進んでいくことになります。

 

まとめ

 

昭和の芸能史にすばらしい足跡を残された、大スター森繁久弥さん。

その生い立ちや、経歴を辿るだけで、日本の演劇界の歴史や、森繁久弥さんの大きなオーラを感じずにはいられません。

森繁久弥さんが残された多くの作品は、今でもファンの心に深く残されています。


sponsored link

 

関連記事はこちら