画像引用:http://entert.jyuusya-yoshiko.com/wp/wp-content/uploads/2017/03/443e67bad5c0abfdb53548f7c4a082d3.jpg90年代から数多くのヒット曲をリリースしている倉木麻衣さん。

彼女が歌手を目指したのはピアノの先生からのある一言がキッカケでした。

そんな倉木麻衣さんの生い立ち、家族構成、学歴、芸能界デビューのキッカケをご紹介します。

 


sponsored link

倉木麻衣のプロフィール

 

《倉木麻衣のプロフィール》
画像引用:https://i0.wp.com/izuno7.com/wp-content/uploads/2017/06/7870eba5f1f6eea96d93408bf2df28e9-300x257-300x257.jpg?resize=400%2C343本名:非公開
生誕日:1982年10月28日
出身地:千葉県船橋市
身長:164cm
血液型:B型
所属事務所:LOOP

 

 

 

倉木麻衣の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcScOidK1SUmfLfBTeOebFcjxE1pWblDVaRKfj0PXi4_GrCe7C-z

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

1982年10月28日生まれ千葉県船橋市出身の倉木麻衣さん。

家族構成. 両親と、お兄さん、倉木麻衣さんの4人家族。

しかし、倉木麻衣さんが幼い頃に両親が離婚。

倉木麻衣さんは母方に引き取られたそうです。

ちなみに、お父さんは『富士八郎』の芸名で活躍する俳優でした。

現在は、『山前五十洋』の名で、実業家・映画監督として活躍しています。

また父方のおじいさんは出版社を経営ながら詩人として活躍した山前実治さん。

さらに叔母は女優として活躍する滝沢れい子さん。

芸能・メディアに携わっている人が身内に多く存在しています。

倉木さんは幼少の頃から歌が大好きな女の子でした。

実家にあるカラオケルームで歌うのが日課だったそうです。

そして家族に歌を聴かせているうちに、歌手を志すようになりました。

また4歳の頃には、エレクトーンとピアノを習っていました。

ただ、幼児期の将来の夢、アイスクリーム屋さんだったたそうです。

 


sponsored link

 

 

倉木麻衣の出身小学校・中学校と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://i0.wp.com/alwaysnewstrend.com/wp-content/uploads/2013/08/%E5%80%89%E6%9C%A8%E9%BA%BB%E8%A1%A3%E3%80%80%E5%8D%92%E3%82%A2%E3%83%AB.jpg

画像引用:https://i0.wp.com/alwaysnewstrend.com/

 

倉木麻衣さんの出身小学校は千葉県の船橋市立前原小学校です。

小学生の頃は担任の先生が創設した『サバイバル部』に所属していたそうです。

『えっ、サバイバル部?いったい何するの?』という声が聞こえてきそうですね!

活動内容は、テントを張ったり、火をおこしたり…

サバイバル状態のマネ事をする部活だったようです。

小学生なので、さすがに無人島で極限状態を体験するようなことはしません!

小学校6年生の頃のこと、倉木麻衣さんは歌手を目指し始めます。

ピアノの先生からの『歌手に向いている』とほめられたのがキッカケです。

倉木麻衣さんの出身中学校の地元の公立・船橋市立前原中学校です。

入学して早々にバスケ部に仮入部しましたが、練習について行ず挫折。

それ以来、倉木麻衣さんは文科系女子となりました。

中学時代に倉木麻衣さんが所属した部活は、美術部と合唱部、そして、演劇部。

文科系の部活の王道を歩んでいる感じですね!

ちなみに演劇部では、船橋市の大会で個人賞も受賞しています。

まさに歌姫にふさわしい経歴ですね!

また、中学時代の倉木麻衣さんは、本気で歌手になる方法を考え始めています。

倉木麻衣さんが歌手になるために行ったこと、それはデモテープを配ることです。

歌手への道を開くために、倉木さんはデモテープをレコード会社や芸能事務所に送り続けます。

そして、そのデモテープが、ある大物プロデューサの目に留まり歌手への道は開けます。

この大物プロデューサとの出会いがキッカケとなり、倉木さんのメジャーデビューは決まりました。

 

 

倉木麻衣の出身高校・大学

 

画像引用:http://sekirei.air-nifty.com/blogtopia/images/kuraki.jpg

画像引用:http://sekirei.air-nifty.com/

 

プロの歌手になるために倉木麻衣さんは聖徳大学附属高等学校音楽科に進学します。

聖徳大学附属高等学校音楽科の偏差値は50です。

聖徳大学付属高校は校則に厳しく、芸能活動を禁止している学校でした。

そのため、倉木麻衣さんはデビューが確実になると、転校せざるを得ませんでした。

ちなみにデビューしたのは1999年の17歳の時のこと。

リリースした『Love, Day After Tomorrow』は、140万枚も売り上げました。

聖徳大学付属高校を転校せざるを得なくなった倉木麻衣さん。

芸能活動が許された、立命館宇治高等学校のSELコースに編入します。

立命館宇治高等学校SELコースの偏差値は66。

さらに編入ともなると、受験で合格するよりも高い学力が求められます。

倉木麻衣さんは、元々高い学力の持ち主だったようですね!

そして倉木麻衣さんは2001年4月に立命館大学産業社会学部に入学します。

立命館大学産業社会学部の偏差値は55です。

高校時代から既に歌手として活動していました倉木麻衣さんですが、将来の事を考えて母親と相談し進学する事を決めたそうです。

ちなみに、倉木麻衣さんが大学を卒業したのは2005年の3月のこと。

芸能活動と学業の両立をし、留年することなく、4年間で大学を卒業しました。

 

まとめ

 

倉木麻衣さんの生い立ち、家族構成、学歴、デビューのキッカケをご紹介しました。

幼少期から歌手に憧れて、17歳でその夢を叶えた倉木麻衣さん。

これからも私たちの心に残る歌を発表し続けてくれる事でしょう!


sponsored link

 

関連記事はこちら