画像引用:http://molax2.com/wp/wp-content/uploads/2015/11/460-1.pngタレント、イラストレーター、そして大学の准教授として活躍するさかなクン

そんなさかなクンの出身地や家族構成などの生い立ちや出身校、芸能界に入ったキッカケを紹介します。


sponsored link

 

さかなクンのプロフィール

 

さかなクンのプロフィール》
画像引用:http://corobuzz.com/wp-content/uploads/2016/02/sknks.jpg本名:宮澤正之(みやざわ まさゆき)
生年月日:1975年8月6日
出身地:神奈川県綾瀬市
身長:173cm
血液型:A型
所属事務所:アナン・インターナショナル

 

 

さかなクンの出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://makokouno.main.jp/wp/wp-content/uploads/2015/12/Sakana-childfood-300x201.jpg

画像引用:http://makokouno.main.jp/

 

1975年8月6日に東京都で生まれ、神奈川県綾瀬市で育ちのさかなクン

現在、さかなクンは魚と暮らすため千葉県館山市に在住しています。

家族構成はお父さん、お母さん、さかなクンの3人家族のようです。

ビックリな事にお父さんはプロの囲碁棋士の宮沢吾朗さん。

公式戦通算800勝を達成し、9段の腕前だそうです。

そしてさかなクンの事をとても理解してくれているお母さん。

さかなクンを『やりたい事は自由にやらせる』といった教育方針で育ててきたそうです。

凄腕のお父さんに、とてもおおらかなお母さんに育てられたさかなクン

あれだけ魚に夢中になったのも、そんな家庭に育ったからかもしれませんね!

 

 


sponsored link

 

 

さかなクンの出身小学校・中学校

 

画像引用:http://idobatakaigi0510.com/wp-content/uploads/2015/11/image268.jpeg

画像引用:http://idobatakaigi0510.com/

 

さかなクンの出身小学校は綾瀬市立北の台小学校。

そして、さかなクンの出身中学校は綾瀬市立北の台中学校です。

中学校では、お笑い芸人のドランクドラゴンの鈴木拓さんと同級生でした。

小さい頃から魚が好きだったさかなクン

中学生入学後、”吹奏楽部”を”水槽学部”と勘違いして見学。

そして勘違いをしたものの、吹奏楽部に入部しました。

吹奏楽部に入部した、トロンボーンを担当したさかなクン

しかし、さかなクンが本当に担当したかったのはパーカッションでした。

ただ、パーカッションを演奏すると、さかなクンは緊張してバチを飛ばしてしまいます。

そんな理由により、さかなクンはトロンボーンを担当することとなりました。

水槽学部と勘違いして吹奏楽部に入部してしまったさかなクン

理科の先生でもあった吹奏楽部の顧問の先生も、そんなエピソードを知っていました。

そして、先生はさかなクンにカブトガニの飼育をお願いしたそうです。

2匹のカブトガニを預かったさかなクン

決まった時間に2匹のカブトガニを水槽から出して散歩することが日課でした。

しかし、その散歩が功を奏してカブトガニが人工孵化に成功!

そして、カブトガニが人工孵化は民間では初の快挙だったそうです。

 

さかなクンの出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://i.ytimg.com/vi/RIDzJeMi6tg/hqdefault.jpg

画像引用:https://i.ytimg.com/

 

さかなクンの出身高校は神奈川県立高綾瀬西高等学校です。

綾瀬西高校の偏差値は40.

高校でもドランクドラゴンの鈴木拓さんと一緒の学校だったそうです。

高校生になってもさかなクンは魚が大好きだでした。

鉛筆や消しゴム、下敷きまで持ち物の全てが魚関係のグッズだったようです。

高校でも吹奏楽部に入部し、高校ではクラリネットを担当したそうです。

そしてさかなクンが有名になったのは高校3年生のときのこと。

高校3年生の時に出演したテレビチャンピオンの『全国魚通選手権』がキッカケでさかなクンは有名人になります。

小学生の時から『夢は水産大学の先生』と語っていたさかなクン

夢をかなええるために東京水産大学(現:東京海洋大学)を受験したものの不合格。

そして専門学校”日本動植物専門学院”のアニマルケアー科に進学します。

ちなみに現在は日本動植物専門学院は廃校してしまいました。

日本動植物専門学院卒業後は、魚に関連するアルバイトを転々しながら魚専門のイラストレータとして活動する日々でした。

そんのさかなクンの姿が現所属事務所の会長の目に留まり、さかなクンが芸能界入りを果たします。

また、さかなクンの魚に関する知識や功績も学会で認められました。

2006年には東京海洋大学の客員准教授となり、2015年には同大学の名誉博士号を贈られていました。

 

まとめ

 

魚に関することであれば、どんな質問でもすぐに回答してくれるさかなクン

遠回はしましたが『夢水産大学の先生』という子どもの頃からの夢を叶えました。

これからも、魚の楽しさを世の中に広め続けてほしいですね!

 

 


sponsored link