画像引用:http://kaisoubiyori.com/wp-content/uploads/2016/02/148d65ba55cdf8b0a641bbbbbb0e72b1.pngシンガソングライターそして俳優として活躍する星野源さん。

2015年にドラマ『コウノドリ』、2016年は『逃げるは恥だが役に立つ』に出演し話題になりました。

そんな星野源さんの生い立ちや学歴・出身校の偏差値、芸能界入りのキッカケをまとめてみました!


sponsored link

 

星野源のプロフィール

 

《星野源のプロフィール》

画像引用:http://ジャパンポップカルチャー.com/wp-content/uploads/2016/02/2bbd4b9a867dcdb4e30a310e952befdf-293x300.jpg本名:星野 源(ほしの げん)
生年月日:1981年1月28日
出生地:埼玉県蕨市
出身地:埼玉県川口市
身長:168cm
血液型:AB
所属:大人計画/アミューズ

 

 

星野源の家族構成

 

画像引用:http://blog-imgs-42.fc2.com/0/1/6/01670167/DSC08104_20130214092937.jpg

 

画像引用:http://blog-imgs-42.fc2.com/

 

1981年1月28日埼玉県蕨(わらび)市生まれ、埼玉県川口市育ちの星野源さん。

実家は今でもJR京浜東北線の蕨駅から徒歩5分のところにあります。

星野源さんによると…

『(実家の周りは)住宅と赤ちょうちんしかないようなところ』

とのことです。

星野源さんの家族構成はお父さん、お母さん、星野源さんの3人家族。

お父さんとお母さんは元々ジャズのミュージシャン。

お父さんはジャズピアニスト、お母さんはジャズボーカルでした。

しかもご両親はふたりともプロ級の腕前!

本気でプロミュージシャンになることを目指していました。

しかし星野源さんの誕生をキッカケにご両親はミュージシャンの道を断念。

ご両親は星野源さんのお祖父さんが営んでいた八百屋を継ぎます。

そして2005年頃には八百屋を閉店しジャズ喫茶を開店しました。

物心がついた頃から星野さんの家ではジャズが流れていました。

休みの日にはお父さんが家でピアノを弾いていたそうです。

そんな音楽好きな家庭に育ったから今の星野源さんがあるのかもしれませんね!

余談ですすが…

星野さんのご両親が営むジャズ喫茶は2016年10月に閉店してしまいました。

閉店の原因は星野源さんのファンへの対応が大変になってしまったこと。

源さんのファンが押し寄せてしまい、常連客が音楽を楽しめなくなったとか…

残念な話ですね…

sponsored link

 

星野源の学歴・出身小と暗い少年時代

 

画像引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/09/f1/21b1c4ab1955db8b4f5feb6df8ac5661.jpg

画像引用:http://blogimg.goo.ne.jp/

 

小学校は地元の公立・川口市立前川小学校に進学した星野源さん。

しかし星野源さんは学校になじめない少年だったそうです。

小学校に入学した星野源さんの顔からは日に日に笑顔が消えていきました。

そして極めつけの出来事は小学校3年生の時のこと。

なんと星野さんは小学校でおもらしをしてしまいます。

その結果源さんは学校でイジメの対象となってしまいました。

そしてイジメの対象となった結果、星野源さんはパニック症候群を発症。

源さんは高校生の頃までパニック障害に苦しめられることになります。

ちなみに星野源さんパニック障害から立ち直ったのは高校生の時のこと。

キッカケはクレイジーキャッツの歌『だまって俺についてこい』との出会い。

『そのうちなんとか、な~るだ~ろお~』の歌詞に星野さんは救われます。

音楽によって立ち直ることができた星野源さん。

なんだか星野源さんらしいエピソードですね!

 

 

星野源の出身中学校、高校、大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://img.laughy.jp/20828/default_980ff319e829fe36497e23fb9c54d20c.jpg

画像引用:https://img.laughy.jp/

 

川口市立前川小学校を卒業した星野源さん。

中学は私立の自由の森学園中学校に進学します。

自由の森学園中学校の偏差値は45。

自由の森学園はケタ外れに自由な校風で有名な学校です。

学校での服装や髪型は自由で金髪にしても問題ありません。

校歌や校章は無く、校則もあってないようなものです。

生徒の行動は生徒の自主性にゆだねられています。

そのため芸能界に進んだ卒業生も多くいます。

俳優名の吉岡秀隆さんやタレントのユージさんも自由の森の卒業生です。

中学に入学してイメージチェンジしようと考えた星野源さん。

そしてイメチェンのために音楽(ギター)と演劇を始めます。

この時ギターと演劇を始めていなければ今の星野さんは無かったかも!

そして、星野源さんは中学卒業後も自由の森学園高校に進学します。

ちなみに自由の森学園高校の偏差値は47です。

高校生になってもパニック障害は完治せず、不登校になることもあったそうです。

『このままじゃいけない…学校に行かなきゃ!』と考えた星野源さん。

一念発起して学校に行くと、その日にクラスメイトからバンドに誘われます。

『源くん、バンドやんない?』

この友達からの誘い言葉が『ミュージシャン星野源誕生』のキッカケです。

人生の転機ってどこに転がっているか分からないですね!!

高校卒業後、星野源さんはバンド『SAKEROCK(サケロック)』を結成。

『SAKEROCK』のメンバーも自由の森学園高校の卒業生です。

バンド活動に専念するために大学には進学しなかった星野源さん。

星野源さんはバンド活動と同時に演劇への道も模索していました。

色々な劇団のオーディションを受け役者としてのキャリアを積み重ねました。

『俳優・星野源』に転機が訪れたのは23歳の時のこと、キッカケは音楽でした。

松尾スズキさんが主宰の劇団大人計画の舞台『ニンゲン御破産』への客演です。

松尾スズキさんが楽器を弾ける役者を探していたところ星野さんと繋がっります。

しかし星野さんの立場はあくまでも客演…

大人計画の正式な劇団員ではありません…

そこで星野さんは勇気を振り絞り松尾スズキさん直談判。

その結果、正式に大人計画の劇団員となります。

そして、俳優としてのキャリアがスタートしました。

ちなみに松尾スズキさんへの直談判で劇団員になれたのは星野源さんだけです。

大人計画の劇団員となり俳優としてキャリアアップできたキッカケも音楽。

もし自由の森学園の友達の『源くん、バンドやんない?』の言葉がなかったら…

今俳優として活躍中の星野源さんの姿は無かったかも知れませんね!

 

 


sponsored link

関連記事はこちら