nakayama_R 辻仁成さんとの離婚騒動ですっかりワイドショーの

常連となってしまッた中山美穂さん。

今度は、中山さんが出演したCMをめぐる裁判

自身のCMギャラが暴露されてしまったことが

週刊新潮の報道で明らかになりました。

中山美穂さんが巻き込まれた裁判とは?

そして中山美穂さんのCMの出演料は高いの?安いの?

 


sponsored link

 

プロフィール

 

nakayama4_R氏名:中山 美穂 (なかやま みほ)
生年月日:1970年3月1日
出身地:東京都小金井市
身長:身長158cm
血液型:O型
学歴:東京都立北園高等学校定時制中退
職業:歌手、女優
活動期間:1985年~
事務:ビッグアップル
レーベル:キングレコード
公式サイト:MeForYou(中山美穂オフィシャルファンクラブサイト)

1985年1月:TBS『毎度おさわがせします』でドラマデビュー
1985年6月:シングル「C」でアイドル歌手デビュー
1992年10月:シングル「世界中の誰よりきっと」が売上180万枚突破
1994年2月:シングル「ただ泣きたくなるの」が売上100万枚突破
2002年6月:辻仁成と結婚
2014年7月:辻仁成と協議離婚が成立

 

 中山美穂さんが巻き込まれた裁判とは?

 

nakayama3_R2014年2月から中山美穂さんをCMに起用した企業が、

ギャラの支払いを拒否し裁判となりました。

週刊新潮の報道によると、裁判の概要は下記の通り。

 

 

 

(以下引用)
ファブリックケア用品を扱うA社は、広告代理店B社に彼女のギャラを分割で支払うことで合意していた。
ところが、中山の離婚問題が発覚、その報道のせいで商品の営業に支障を来したとして、B社への彼女のギャラの一部や各放送局への媒体費などの支払いを拒否した。
困ったB社は、7月に総額約5500万円を払うようA社を訴えています」(司法関係者)

(以上引用 週刊新潮10月9日号)

 

週刊新潮の記事では具体的な社名は記載されていませんでしたが、

中山さんをCMに起用したのは、

『MVNE(ミューネ)』というブランドを展開している『SPR』という会社です。

そして、その裁判の訴状には、CM出演で契約したギャラの詳細記述されており、

図らずも中山美穂のギャラが公にさらされる結果となりました。

その裁判の訴状によると、中山美穂さんのCM契約料は”2000万円”

さらに、その裁判の訴状は下記のような細かい条件まで記載されていました。

 

(以下引用)
本件商品の宣伝広告物製作における中山の出演料は、初回については、スチール写真撮影への出演50万円、テレビコマーシャル等の動画撮影への出演が100万円とする。

(以上引用 週刊新潮10月9日号)

CMの契約って、本当に細かいところまで定められているんですね。

 

 


sponsored link

 

 

 スポンサーの立場で考える・中山美穂のCM契約金2000万円は高いの?安いの?

 

nakayama2_R中山さんと辻仁成さんの離婚が報じられたのは

3月の終わりのこと

『SPR』社のCM発表会・3月24日の直後です。

離婚が報じられた当初、辻さんが中性化や

奇行が原因とされていました。

しかし2014年6月中山さんの不倫報道により形勢逆転。

さらに、離婚後に辻さんが親権を持つことより、離婚の非(原因)が中山美穂さん

にあることが明確になりました。

時系列から考えると、『SPR』社はこのような騒動があることは全く想定せず

CMの契約を結んだのでしょう。

そして、集大成として挑んだCM発表会の直後から離婚だの不倫だのとスキャンダル

が次から次ぎへと報道されていく。

完全なるイメージダウンです。商品の売れ行きにも支障をきたします。

恐らくスポンサー企業はキズモノをつかまされた気分だったことでしょう…

そして、スポンサー企業にとって2000万円は高い買い物となったことでしょう。

 

CMギャラの相場から考える・中山美穂のCM契約金2000万円は高いの?安いの?

 

nakayama1_R見方を変えて、中山さんのCM契約金2000万円を

タレントCMギャラの相場から考えてみます。

2014 女性タレントCMギャラ番付はこんな感じです。

 

 

 

 

【横綱:5000万円超級】
吉永小百合

【大関:4000~4500万円級】
瀬はるか、仲間由紀恵

【関脇:3500万円級】
菅野美穂、新垣結衣、篠原涼子 、松田聖子、小泉今日子

【小結:2500~3000万円級】
松嶋菜々子、黒木瞳、上戸彩、滝川クリステル
大島優子、指原莉乃、きゃりーぱみゅぱみゅ
石原さとみ、堀北真希、米倉涼子、北川景子

【前頭筆頭:2000万円】
能年玲奈、有村架純、長澤まさみ、 武井咲、
剛力彩芽、佐々木希

中山美穂さんのギャラ2000万円は、

2013年の『あまちゃん』ブレーク組の能年玲奈さんや有村架純さんと

同じ前頭筆頭級のですね。

『最近売り出し中の若手』が集中する層のCM契約金ですね。

中山美穂さんの知名度から考えると割安感がありますが、

広告代理店関係者によると妥当な金額なんだそうです。

(以下引用)
「90年代、彼女の人気が絶頂の頃、ギャラは5000万円前後でした。
ある程度の額を維持するためには、常にメディアに露出していることが重要です。
ところが、中山は辻仁成さんと結婚し、2003年パリに移住。
以降、ほとんど仕事をしていなかった。
やはり、仕事をしていないと、知名度が落ちるし、人気も保てませんしね。
当然、ギャラも下がるというわけです」

(以上引用 週刊新潮10月9日号)

 

そして、2000万円でCM契約をした後に離婚、不倫騒動が起こりました。

結果、中山さんのCMギャラは十両級まで陥落しているかもしれませんね。

 

 


sponsored link