daigo2015年5月26日の日本テレビの生放送、

『幸せ!ボンビーガールSP』でDAIGOさんが

『24時間テレビ』チャリティーマラソンランナー

として出走することが発表されましたね。

そこで『24時間テレビ』チャリティーマラソン歴代ランナーをまとめました。


sponsored link

目次

24時間テレビ歴代チャリティーマラソンランナーまとめ

 

24時間テレビのチャリティーマラソンは2015年で24回目。

これまでに21人のランナーが24時間のマラソンを走破しました。

それではこれから24回の24時間マラソンを一気に振り返ってみます!!

 

2015年 第38回 DAIGO

 

daigokiji

 

2015年5月19日に『24時間テレビ』の歴代チャリティーマラソンランナーの

オファーを受けていたというDAIGOさん。

2015年5月26日の日本テレビ『幸せ!ボンビーガールSP』の緊急生放送は

DAIGOさんの出走の意思を確認する形でほうそうされた。

意思を確認されたDAIGOさんは間をおきながら『HM…』と回答。

HM???

『H』は『走り』、そして『M』は『ます!』とのこと…

なんとも分かり難い受け答えでしたが出走を承諾とのことです(笑)

 

2014年 第37回 城島茂(TOKIO) 当時43歳 100km

 

37jyoshima

 

2014年FNS27時間テレビの総合司会を務めるSMAPのギャラは

一人当たり1億円という噂も。

果たして、同じジャニーズ城島の24時間テレビマラソンのギャラは如何に?

 

2013年 第36回 大島美幸 当時33歳 (森三中)88km

 

 

36oshima

走行距離はおファーを受けた時点の体重・88Kgにちなみ決定。

大島は合宿の激励に駆けつけてくれた『嵐』の松本潤に

「88キロ、完走します!」と宣言したという。

 

2012年 第35回 佐々木健介・北斗晶一家 合計120km

 

35sasakihokuto

佐々木健介(当時46歳)・北斗晶(当時45歳)・

佐々木健之介(当時13歳)・佐々木誠之介(当時9歳)

家族4人によるリレーマラソン。

 

 

誠之介くんは24時間テレビ史上最年少。

家族が走った距離は以下の通り。

4人(500m)→健介(61.6km)→健之介(6km)

→誠之介(4km)→北斗(47.9km)

 

2011年 第34回 徳光和夫 当時70歳 63km?

 

34tokumitsu

 

公式には63kmと発表されましたが、本当は推定43kmぐらいでは?

と囁かれてる。

真実やいかに!?

 

2010年 第33回 はるな愛 当時38歳 85km

 

33haruna

 

初のニューハーフ走者。

 

24時間テレビマラソン名物の坂本トレーナーは手術のために

常に併走することはできなかった。

しかし!!

ゴール日本武道館までの最後の1kmを併走し感動のゴールに花を添えた。

 

2009年 第32回 イモトアヤコ 23歳 126.585km

 

32imoto

 

女性走者としては最年少。そして女性走者としては最長の距離。

126.585kmはフルマラソンの3倍の距離!

彼女はリアル・アスリートだ!

 

第31回(2008年) エド・はるみ 当時44歳 113km

 

31edo

 

ゲリラ豪雨あり、放送終了間際のゴールシーンありで感動的な年となりました。

エド・はるみはどこに行ってしまったのだろうか。

 

2007年 第30回 萩本欽一 当時66歳 70km

 

30kintyan

 

『めんつゆ』をスポーツドリンク替わりにトレーニングを積んだ欽ちゃん。

66歳にして炎天下の中の70km完走はちょっと感動的でした。

 

2006年 第29回 アンガールズ 田中・山根 当時30歳 100km

 

29angials

 

CM明けにマイクが入っていることに気が付かなかったインパルスの板倉が

アンガールズ山根が走っている映像を観て「霊だよ、霊!」と口走ってしまった

エピソードはあまりにも有名。

 

2005年 第28回 丸山和也 当時59歳 100km

 

28maruyama

 

丸山弁護士に興味がないのでコメントは差し控えます(笑)

 

2004年 第27回 杉田かおる 当時39歳 100km

 

27sugita

 

ゴールの時に『嵐』の松本潤に抱きしめてもらっていた気がする…

まさに彼女は肉食獣!!

 

 


sponsored link

 

 

2003年 第26回 山田花子 当時28歳 110km

 

26yamada

 

「ゴールしたら松岡君に抱きしめて欲しいです!」と公言していた山田花子。

 

放送時間内に完走することはでず、番組終了1時間後のゴールとなる。

 

ゴールの瞬間はTOKIOの松岡君に抱きしめてもらう夢がかなった瞬間となった。

 

2002年 第25回 西村知美 当時31歳 100km

 

25nisimura

 

ホノルルマラソン出場経験があったことからの抜擢。

まだ、マラソンプームの兆しすらなかった当時。

アイドルのチャリティーマラソン挑戦は世間を驚かせた。

夫と涙のゴールは感動的であった。

 

2001年 第24回 研ナオコ 当時48歳 85km

 

24ken

 

初の女性チャリティーマラソンランナーとして話題になる。

世間では完走を危ぶまれる声も多かったが、寝ずの走りで見事に完走を果たす。

 

2000年 第23回 トミーズ雅 当時40歳 150km

 

23masa

 

流石元プロボクサー。

19時前くらいに楽々とゴールテープを切ってしまった。

プロデューサにとっては感動の演出がやり辛かったことでしょう。

 

1999年 第22回 錦野旦(にしきのあきら)当時 50歳 110km

 

22nisikino

にしきのあきら。当時50歳で最年長と話題になる。

 

1998年 第21回(1998年) 森田剛(V6) 当時19歳 100km

 

21morita

 

当時19歳・最年少マラソンランナーとして話題になる。

腹痛を乗り越えてのゴール感動を呼んだ。

 

1997年 第20回(1997年) TOKIO山口達也 当時25歳 100km

 

20yamaguchi

 

『鉄腕!DASH!!』が未だ木曜日の深夜枠で放送されていた頃のこと。

 

右足負傷するも見事に完走する。

 

1996年 第19回(1996年) 赤井英和 当時37歳 100km

 

19akai

 

「つなげよう!愛のタスキリレー日本列島縦断3600キロ」をテーマに600人に

よる襷リレーマラソンを敢行。

赤井英和がラストランナーとして100kmを走破する。

 

1995年 第18回(1995年) 間寛平 当時46歳 600km

 

hazama3

 

阪神・淡路大震災の年。

間寛平は被災地の復興を祈願し、

放送の1週間にスタートし神戸から東京までを完走した。

 

1994年 第17回 ダチョウ倶楽部 肥後・寺門当時31歳・上島当時33歳 100km

 

datyou

 

この頃のダチョウ倶楽部はまだ仲がよかった。

チャリティーマラソンでは100Kmの距離を3人同時に走破した。

特に満身創痍の3人が手を組んでゴールしたシーンは感動的であった。

 

1993年 第16回 間寛平 当時44歳 200km

 

hazama2

 

放送時間内のチャリティーマラソン走行距離としては最長。

24時間の平均走行時速が8.33Km/時間は驚異的な記録である。

前年のトラブルを受け

この年からチャリティーマラソンの走行ルートは非公表となる。

 

1992年 第15回 間寛平 当時43歳 153km

 

hazama1

 

200kmの予定でだったが、チャリティーマラソンの事前に走行ルートを

公表していたため観客が殺到。

そのため153Kmで無念のリタイアリタイアとなる。

 

 


sponsored link

 

 

関連記事はこちら