画像引用:http://hight.xsrv.jp/俳優として様々な作品に出演している六角精児さん。

脇役として活躍をし、人気ドラマ「相棒」で一気に知名度が上がった個性派俳優さんですね。

そんな六角精児さんの生い立ちや学歴、そして芸能界デビューのキッカケについて調べてみましたのでご紹介します!


sponsored link

六角精児のプロフィール

 

《六角精児のプロフィール》
画像引用:http://www.yutori528.com/本名:山地 克明(やまじ かつあき)
生年月日:1962年6月24日
出身地:兵庫県高砂市
身長:175㎝
血液型:O型
所属事務所:劇団扉座・舞プロモーション

 

 

六角精児の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://yumeijinhensachi.com/

画像引用:http://yumeijinhensachi.com/

 

六角精児さんは、1962年6月24日、兵庫県姫路市にて誕生しました。

実家の家族構成は、両親に姉が一人の4人家族。

実家は、居酒屋を経営していたこともあるそうです。

六角さんの父親は、歴史研究家の山地悠一郎氏。

同氏は、歴史に関する著書を多数 執筆されており、現在もご高齢ながらSNSを使いこなすという大変お元気な方のようです。

六角さんの母親は、非常に教育熱心だったそうです。

その母からは、「いい大学、いい会社に入って、世の中の敗者になるな。」と幼少期から言われ続けて育ったそうな。

そして、5歳年上のお姉さんは、現在学校の教頭先生。

教育者であることからも、かなり成績優秀な方だったことが伺えます。

そんな六角さんは、誕生後は兵庫県高砂市に引っ越しをし、同地で小学校1年生まで過ごします。

 


sponsored link

 

六角精児の出身小学校・中学校

 

画像引用:https://am-portfolio.com/

画像引用:https://am-portfolio.com/

 

小学校1年生の頃には、父親の仕事の都合で、兵庫県高砂市から神奈川県相模原市に引っ越しをした六角精児さん。

残念ながら六角精児さんの出身小学校は、公開されていません。

ただ、出身中学校の学区より、六角精児さんは、神奈川県相模原市立くぬぎ台小学校・上鶴間小学校・南大野小学校のいずれかに通っていた可能性が高いです。

小学校時代の六角さんは、成績優秀でした。

テストで80点以下を取ると怒られ、家の庭に埋められたり、捨てられたりしたそうです。

また、不正解の回答を正解に見せて、偽装工作をしたこともあるようです。

教育ママであったお母さまの期待を一心に背負っていたのでしょう。

時には成績の悪い通信簿を捨ててしまい、「無くした」とウソをついたこともあったそうですが、すぐにバレてしまい、こっぴどく怒られたこともあるようです。

そんな六角さんは、神奈川県相模原市立鶴間中学校へ進学をします。

中学校に入っても、六角さんの成績は非常に優秀。

この頃は食欲旺盛だったそうで、メロンパンを1日6個も食べていたそうな。

また、小中学生時代の六角さんは俳優の松田優作さんの大ファンふだったそうで、松田さんの自宅を自転車で探しに行ったり、松田さんの出演する作品の物まねをしていたそうです。

 

 

六角精児の出身高校校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://rr.img.naver.jp/

画像引用:https://rr.img.naver.jp/

 

六角精児さんの出身高校は、厚木高校です。

同校は、神奈川県厚木市にある県立高校で、神奈川県内の公立高校の中でもトップクラスを誇る進学校です。

偏差値は69とかなり難関です。

高校では、何かしらの部活に入ることも義務付けられていたため、六角さんは演劇部に所属します。

当初は、演技に興味がなく、いつでも辞められそうだと言う理由で演劇部を選びますが、これを機に、演技への面白さを覚えたと言う六角さん。

主役を演じた劇では、全国大会にも出場し、優秀賞を受賞した経験もあります。

この高校に進学していなければ、今の自分はなかったと語っています。

演劇部の活動と同時に、高校時代にはロックバンドも組んでいたそうです。

そして、この頃は将来ロックミュージシャンになることも考えていたようです。

今ではぽっちゃりとした体型が印象的な六角さんですが、高校時代の六角さんは痩せ気味の体型をしていました。

今の体格を思うと、ちょっと意外ですね!

高校卒業時には、将来俳優になろうと思い、日本大学芸術学部の受験をしますが不合格。

しかし、一浪を経た後に、学習院大学経済学部経済学科に進学をします。

同大学は、皇室をはじめ、数々の日本を代表する著名人を輩出している、歴史ある名門大学です。

偏差値は60と、それなりの頭脳がなければ進学をすることができない難関大学です。

大学に入学したばかりの六角さんは、実際に皇太子殿下をトイレで見かけたり、秋篠宮殿下と同じ講義を取っていたりと、皇室にとても興味があったそうです。

そんな六角さんは、大学入学後には、ギャンブルにハマってしまいます。

家庭教師のアルバイトで稼いだお金だけでは足りず、学生ローンにまで手を出し、借金はみるみる増えていきます。

この借金は、総額1000万円ほどにもなったそうで、完済ができたのは40代になってから。

身から出た錆とは言え、かなりお金に苦労をしたと言えるでしょう。

同じころ、六角さんは高校時代の先輩に誘われ、劇団扉座に所属をします。

大学2年生からは、この劇団の活動に時間を取られてしまい、進級ができなくなってしまいます。

学習院大学には、以後6年間在籍しますが、その後は中退。

以降は、大学には復学はされていません。

1990年頃から、劇団活動以外でも、俳優としての活動が増え始めます。

端役ではありますが、数々のドラマや映画、そして舞台にも出演。

2001年からは、人気ドラマ「相棒」シリーズにレギュラー出演を果たし、その存在感で知名度を上げ、ブレイク。

2009年には、「鑑識、米沢守の事件簿」にて映画初主演も果たし、俳優として絶好調のキャリアを築き上げています。

 

まとめ

 

存在感のある演技力で、様々な作品を盛り上げている六角精児さん。

幼い頃から教育熱心な母親の元、非常に高い成績をおさめていたことがわかりましたね。

プライベートでは、4度の結婚、3度の離婚経験があるという武勇伝を残す六角さんです。

そんなツワモノキャラの六角精児さん。

これからの活躍をぜひとも注目していきましょう!

 


sponsored link