画像引用:http://up.gc-img.net/日本代表のキャプテンとして、絶対的な存在の長谷部誠さん。

長谷部誠さんがいるだけで、他の選手達はのびのびとプレーできる安心感がありますよね。

そんな長谷部誠さんの出身校や生い立ち、サッカーを始めたキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

長谷部誠のプロフィール

 

《長谷部誠のプロフィール 》
画像引用:http://www.dekalbrevenue.com/本名 :長谷部誠(はせべまこと)
生年月日:1984年1月18日
出身地:静岡県藤枝市
身長:180cm
血液型:O型
所属:ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト

 

 

 

長谷部誠の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://stat.ameba.jp/

画像引用:https://stat.ameba.jp/

 

1984年1月18日生まれ、静岡県藤枝市出身の長谷部誠さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、お姉さん、長谷部誠さん、妹さんの5人家族です。

お父さんは長谷部敏之さんといい、長谷部誠さんがサッカーを始めたのはお父さんの影響だったそうですよ。

性格は厳格で子供の頃はとても怖い存在だったそうです。

お母さんはせっかちで几帳面で、長谷部誠さんのきっちりとした性格はお母さん譲りと言われています。

そして、長谷部誠さんの「誠」という名前を名付けたのはお祖父さんで、長谷部誠さんにとってとても大きな存在だったんだとか。

残念ながら長谷部誠さんがプロ1年目のときに亡くなられていますが、コールを決めたときに天に向かって人差し指を突き上げるゴールパフォーマンスはお祖父さんにささげるもので、現在でも続けてられています。

お祖父さんも日本代表のキャプテンを務めるまでになった孫の活躍を、とても嬉しく思っていることでしょう。

 

 


sponsored link

 

 

長谷部誠の出身小学校・中学校とサッカーを始めたキッカケ

 

画像引用:http://desafio.style/

画像引用:http://desafio.style/

 

長谷部誠さんの出身小学校は、藤枝市立青島東小学校です。

長谷部誠さんがサッカーを始めたのは小学校入学よりずっと前の3歳の頃。

アニメ「キャプテン翼」の大空翼に憧れたからなんだそうですよ。

小学校時代は地元のスポーツ少年団に入部し、サッカーとなると目の色が変わるほど熱中されていたそうです。

学校と家の練習だけでなく、練習がない日も庭や公園でサッカーをするなど、とにかくサッカー漬けの毎日だったようですよ。

出身中学校は藤枝市立青島中学校で、中学時代も当然サッカー部に所属されています。

中学時代は身長155cmと小柄で、サッカーをやるには恵まれた体格ではなかったようです。

しかし、持ち前の統率力を買われ、3年生のときにはキャプテンを任されていたそうですよ。

 

 

長谷部誠の出身高校・大学

 

画像引用:https://c2.atwiki.asia/

画像引用:https://c2.atwiki.asia/

 

長谷部誠さんの出身高校は静岡県にあるサッカーの名門校、藤枝東高等学校(偏差値67)です。

現在は日本代表のキャプテンを務めるほどなので、高校時代から物凄い活躍を遂げていたのだろうと思われがちです。

しかし、当時はそこまで目立った選手ではなかったんだとか。

藤枝東高校サッカー部の監督をされていた服部康雄さんによると、長谷部誠さんについて「1.2年の記憶がほとんどない」と語っています。

意外にも当時はあまりパッとせず、群を抜いて目立つ存在ではなかったそうですよ。

ようやくレギュラー入りを果たせたのは高校2年の終わり頃からです。

この辺りで静岡県選抜メンバーにも選ばれています。

県選抜として参加した試合で浦和レッズのスカウト、宮崎義正さんから誘いを受けます。

そして、高校卒業後は浦和レッズに加入することとなり、大学へは進学しませんでした。

浦和レッズからオファーを受けたとき、ご両親を始め、恩師の服部康夫さんも大反対されたそうです。

ただ1人お祖父さんだけが「男なら挑戦してみろ」と背中を押してくれたんだそうです。

その時のお祖父さんの言葉がなかったら、長谷部誠さんの今の活躍はなかったかもしれないと思うと、とても感慨深いですね。

 

 

まとめ

 

長谷部誠さんの出身校や生い立ち、サッカーを始めたキッカケについて調べてみました。

高校時代までは目立つ選手ではなかったものの、その後は海外で活躍し、日本代表のキャプテンも務めるほどの選手に成長されています。

長谷部誠さんは本当に努力家で、どこまでも向上心の高い方なんだろうなと思いました。

日本代表チームの大黒柱として、みんなをまとめ引っ張っていってくれることを期待しています!


sponsored link

 

関連記事はこちら