画像引用:https://spnavi.c.yimg.jp/

日本代表のミッドフィルダーとして活躍されている山口蛍さん。

ロシアW杯最終予選のイラク戦で決めた決勝ゴールは、歴史に残るゴールですよね。

そんな山口蛍さんの出身校や生い立ち、サッカーを始めたキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

山口蛍のプロフィール

 

《山口蛍のプロフィール》
画像引用:http://blog-imgs-48.fc2.com/本名 :山口蛍(やまぐちほたる)
生年月日:1990年10月6日
出身地:三重県名張市
身長:173cm
血液型:A型
所属:Jリーグ・セレッソ大阪

 

 

山口蛍の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://netarian.net/

画像引用:http://netarian.net/

 

1990年10月6日生まれ、三重県名張市出身の山口蛍さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、2歳年上のお兄さん、山口蛍さんの4人家族でした。

しかし、ご両親は山口蛍さんが小学4年生のときにすでに離婚されています。

お父さんの名前は山口憲一さんといい、元サッカー選手で、若い頃は社会人チームでプレーされていたんだそうですよ。

山口蛍さんがサッカーを始めたのもお父さんの影響だったようです。

また、離婚後は息子たちと過ごす時間を確保するため、大阪まで通っていたサラリーマン生活を辞め、地元でアルバイトを掛け持ちしていたんだとか。

朝は新聞配達、昼は子供達とサッカーをし、夜はバーテンダーをして生計を立てていたそうですよ。

男手一つだったお父さんにとって、仕事を辞めるということは簡単に決断できる選択ではなかったと思います。

きっと、心から息子たちを第一に考えていたからこその決断だったのでしょうね。

ちなみに、山口蛍さんのお兄さんの名前は岬さんというそうですよ。


sponsored link

 

山口蛍の出身小学校・中学校とサッカーを始めたキッカケ

 

画像引用:https://koukisinnoheya.com/

画像引用:https://koukisinnoheya.com/

 

山口蛍さんの出身小学校は、名張市立錦生小学校です。

小学校3年生のときにお父さんの影響でサッカーを始め、当時はトップ下を務めるバリバリの点取り屋だったんだそうですよ。

小学生の頃からボールタッチがとても細かく速かった山口蛍さん

お父さんの指導により、思ったところにボールを止める練習を積み重ね、基礎的な技術をシッカリと身につけたそうです。

中学入学前にはセレッソ大阪、ガンバ大阪、京都パープサンガの入団テストを受けます。

そして、試験当日に合格の通知をくれたという理由でセレッソ大坂U-15に入団されています。

山口蛍さんの出身中学校は、名張市立赤目中学校です。

中学時代は電車で片道2時間かけてセレッソ大阪の練習に通っていたんだとか。

通うだけでも大変だったでしょうが、その努力が実り中学1年生の終わりにはJFAエリートプログラムの一期生にも選出されています。

当時から山口蛍さんの実力は際立っていたようです。

 

 

山口蛍の出身高校・大学

 

画像引用:http://blog-imgs-96.fc2.com/

画像引用:http://blog-imgs-96.fc2.com/

 

山口蛍さんの出身高校は、清明学院高等学校(偏差値39-46)です。

中学時代はセレッソ大阪U-15に所属されていた山口蛍さんですが、高校時代の2006年にはセレッソ大阪U-18に昇格されています。

2008年にはチームのキャプテンに就任し、JFAプリンスリーグU-18関西で優勝を飾り、大会のMVPにも選ばれるなど大活躍でした。

卒業後は大学への進学はされず、セレッソ大阪のトップチームへと昇格しプロの道に進まれています。

同年の5月から3ヶ月間は、ブラジル全国選手権セリエA・パルメイラスにサッカー留学されるなど、さらなるステップアップのために貴重な経験もしました。

 

まとめ

 

山口蛍さんの生い立ちや家族構成、学歴、サッカーを始めたキッカケについて調べてみました。

山口蛍さんのサッカー人生は、親子二人三脚で歩んできたものだったのですね!

お父さんも、現在の山口蛍さんの活躍をとても嬉しく思っていることでしょう。

これからもガッツあるプレーを見せてくれることを期待しています!!

 


sponsored link

 

関連記事はこちら