画像引用:http://up.gc-img.net/post_img/2017/06/neVwe52yWbTkXRu_FcSy3_9.jpegアクロバティックなダンスが得意なA.B.C-Zの塚田僚一さん。

最近はバラエティー番組やテレビドラマにも出演し、活躍の場を広げていますよね。

そんな塚田僚一さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

塚田僚一(A.B.C-Z)のプロフィール

 

《塚田僚一(A.B.C-Z)のプロフィール 》
画像引用:http://i1.jpopasia.com/assets/1/30000-ryoichitsukada-msg1.jpg本名 :塚田僚一(つかだりょういち)
生年月日:1986年12月10日
出身地:神奈川県
身長:168cm
血液型:O型
所属事務所:ジャニーズ事務所

 

 

 

塚田僚一(A.B.C-Z)の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://pbs.twimg.com/

画像引用:https://pbs.twimg.com/

 

1986年12月10日生まれ、神奈川県出身の塚田僚一さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、塚田僚一さん、3歳年下の妹さん、2歳年下の妹さんの5人家族です。

塚田僚一さんのご両親の情報はあまりありませんでしたが、わりと躾(しつけ)には厳しく、言葉遣いなどはよく注意されていたそうですよ。

また、お母さんはお金の管理にも厳しい方のようで、塚田僚一さんが塚田会を結成し、そのメンバーに奢っていた時には「お金の使いすぎよ!あんたはまだそこまでいってない!」と釘を刺すこともあったそうですよ。

芸能界というと同世代よりもお給料は多いでしょうから、金銭感覚が麻痺しないようお母さんも気にされていたのかもしれませんね。

 

 


sponsored link

 

 

塚田僚一(A.B.C-Z)の出身小学校・中学校と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://ic.pics.livejournal.com/

画像引用:https://ic.pics.livejournal.com/

 

塚田僚一さんの出身小学校は残念ながら特定できませんでした。

しかし、出身中学校の学区より、塚田僚一さんの出身小学校は、綾瀬市立北の台小学校、綾北小学校、天台小学校のいずれかだと思われます。

バク転やバク宙はお手の物でアクロバットなダンスが得意なイメージがある塚田僚一さん。

アクロバットが得意なのは、小学効時代の6年間、体操クラブで培った訓練の賜物なんだそうです。

オリンピックを目指して猛練習していたようですから、小学校時代からかなりの腕前だったのでしょう。

しかし、そんな塚田僚一さんに転機が訪れます。

それはKinKi Kidsが出演した歌番組で、バックダンサーとして踊っていた山下智久さんや生田斗真さんを見て、自分にもできるんじゃないかと思い11歳の時に自らジャニーズ事務所に履歴書を送送付。

そしてオーディションに見事合格し、ジャニーズ入りを果たしています。

出身中学校は綾瀬市立北の台中学校で、中学時代にはジャニーズ内のグループ「A.B.C」のメンバーにも選ばれています。

このことからも仕事中心の多忙な中学生活だったことが想像できるでしょう。

 

 

塚田僚一(A.B.C-Z)の出身高校・大学

 

塚田僚一さんの出身高校は立志舎高等学校通信制(偏差値36)です。

小学校時代にジャニーズ入りを果たし、中学時代にはジャニーズ内のグループにも所属していた塚田僚一さんですから、より芸能活動が行いやすいよう通信制の高校に進学されたのでしょう。

通信制ですので高校生活のエピソードはありませんが、ほとんど仕事漬けの毎日だったようですね。

そして高校卒業後は進学せずに芸能活動に専念されています。

しかし、なかなかデビューが決まらなかった塚田僚一さん。

同期の亀梨和也さんや赤西仁さん、中丸雄一さんや増田貴久さんらが次々とデビューしていく中で焦る気持ちもあったでしょうが、諦めずに努力を続け、2012年、塚田僚一さんが25歳の時に念願のメジャーデビューを果たしています。

その後の活躍は目覚ましく、グループ活動だけでなく個人でもバラエティー番組やドラマにも出演され、少しずつ仕事の幅を広げているようです。

 

まとめ

 

塚田僚一さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみました。

バラエティーでのなかなか強烈なキャラクターが印象的でしたが、小学校から体操少年で厳しい鍛錬を続けたからこそ今のアクロバットなダンスができると知り、とても真面目で努力家な方なんだと思いました。

塚田僚一さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 


sponsored link