画像引用:http://livedoor.4.blogimg.jp/girls002/imgs/b/e/be2ae5c0.jpg今や名司会者として、数々の番組でMCとして活躍されている有吉弘行さん。

彼ほど低迷期から這い上がった方は他にいませんよね。

そんな有吉弘行さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

有吉弘行のプロフィール

 

《有吉弘行のプロフィール》
画像引用:http://entame000ss.up.seesaa.net/image/E38182E3828AE38288E381971-36bea.jpg本名 :有吉弘行(ありよしひろいき)
生年月日:1974年5月31日
出身地:広島県安芸郡熊野町中溝
身長:172cm
血液型:A型
所属事務所:太田プロダクション

 

 

有吉弘行の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://stat.ameba.jp/

画像引用:https://stat.ameba.jp

 

1974年5月31日生まれ、広島県安芸郡熊野町中溝出身の有吉弘行さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、有吉弘行さん、4歳年下の弟さんの4人家族です。

有吉弘行さんの実家は「熊野筆の軸部分を製造する工場」だと一部で情報が上がっています。

しかし、これは間違いで有吉弘行さん自身もネット配信番組で否定されています。

実際はお父さんは無職の時期もあり、お母さんは熊野筆の穂先を作る内職をされていたんだそうですよ。

これだけで生計が立つとは考えられないので、なかなか苦しい生活をしていた時期もあったのかもしれませんね。

子供の頃の有吉さんは、足の裏をくすぐられるのが大好きで、弟さんに夕食後に2時間もくすぐらせていたのだとか。

2時間くすぐり続けなければいけないなんて、弟さんもとんだ迷惑だったことでしょう。

 

 


sponsored link

 

 

有吉弘行の出身小学校・中学校

 

画像引用:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/

画像引用:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/

 

有吉弘行さんの出身小学校は記載されていませんでしたが、出身中学校の学区より熊野町立熊野第一小学校、第二小学校、第四小学校のいずれかを卒業されたと思われます。

子供の頃は目がくりくりでとても可愛かった有吉弘行さん。

そのため、女の子にも人気があったようですよ。

また、元猿岩石でコンビを組んでいた森脇和成さんは同じ小学校の同級生です。

図工の時間に、有吉弘行さんが粘土をしている時に森脇和成さんが話しかけたことがキッカケで仲良くなったそうです。

出身中学校は熊野町立熊野東中学校で、中学時代は野球部に所属されています。

森脇和成さんも同じ野球部で、一緒にどうやって練習をサボるのがいつも考えていたそうですよ。

また、中学2年生のときにとにかく女の子からモテたかったことがお笑い芸人を志すキッカケだったようです。

 

 

有吉弘行の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://d2dcan0armyq93.cloudfront.net/

画像引用:https://d2dcan0armyq93.cloudfront.net/

 

有吉弘行さんの出身高校は県立の共学校、熊野高等学校(偏差値40)です。

有吉弘行さんはあまり勉強は得意ではなかったのかもしれませんね。

高校ではプロレス好きが高じて柔道部に所属されています。

また、お笑いも大好きだったようで、クラスで漫談をやったりして女子生徒を笑わせていたそうですよ。

ちなみに森脇和成さんも同じ高校に通われています。

そして高校3年生の3月に「EXテレビ」内の企画の「公開弟子審査会」に合格し、オール巨人さんの弟子入りを果たしています。

そのため、高校卒業後は大学への進学はされていません。

弟子として活動していた有吉弘行さんですが、ある日兄弟弟子と喧嘩をし、相手に歯が折れるほど殴り怪我をさせてしまったことから、オール巨人さんから謹慎を言い渡されます。

そして、これがキッカケでオール巨人さんのもとから離れたそうです。

その後1994年に森脇和成さんを誘い猿岩石を結成して上京。

太田プロダクションに所属し、芸能界デビューを果たしています。

 

まとめ

 

有吉弘行さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみました。

元相方である森脇和成さんが小学校からの同級生だったとはとても驚きました。

今でこそレギュラー番組を何本も抱える名MCの地位まで上り詰めた有吉弘行さんですが、弟子時代や猿岩石時代はとても苦労をされたのでしょう。

しかし、その経験があるからこそ、今の有吉弘行さんがあるのかもしれませんね。

有吉弘行さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 

 


sponsored link

 

関連記事はこちら