prof2次回作を準備中に体調を崩して入院し、帰らぬ人と

なった高倉健さん。

高倉健さんはどのような映画俳優だったのか?

次回作とはとはどのような映画なのか?

そして一部で噂されている高倉健さんのゲイ疑惑についてまとめてみました。

 


sponsored link

 

高倉健のプロフィール

 

top1本名:小田 剛一 (おだ ごういち)
生年月日:1931年2月16日
身長:180 cm
血液型:B型
最終学歴:明治大学商学部商学科
活動期間:1955年~2014年
元妻:江利チエミ(1959年~ 1971年)

 

高倉健ってどんな映画俳優だったの?

 

hirate

 

一言で言うと高倉健さんは日本を代表する映画俳優と言って間違いありません。

『ブラック・レイン』でハリウッド映画出演も果たしています。

昔で言えば三船敏郎さん、今ですとハリウッドスター渡辺謙さんのような

イメージでしょう。

ただ、俳優になった経緯が少々面白いです。

高倉健さんが俳優になった時は戦後10年の1955年

高度経済成長期が始まった2年目とされていますが、大学を卒業しても就職は

厳しい時代だったようです。

明治大学を卒業してしても中々先が見つからなかった健さん。

大学時代の知人の紹介で、芸能プロダクションのマネージャー職に応募しました。

その面接の時に、たまたまその場に居合わせた映画プロデューサーにスカウト

され東映ニューフェイスとして役者の道を進むことになります。

高倉健さんは東映ニューフェイス第2期生。

ひとつ下の第3期生には里見浩太朗さんがいます。

研修時代は苦労もしたようですが、入所から1か月半という驚異的な早さで

『電光空手打ち』という映画で主役デビューします。

以来59年間の映画俳優生活。205本の映画への出演を果しました。

 


sponsored link

 

 

高倉健206本目の作品となるはずだった次回作とは?

 

ninkyo

 

高倉健さんの人気が浮動のものになったのは1960年代の『仁侠映画』

当時は全共闘時代、健さんは学生運動に参加する学生たちの圧倒的な支持

をうけました。

当時の映画館では、スクリーンの中の高倉健さんが背後から敵に刀で切られそう

になると、観客の学生たちが『健さん危ない!!!』と叫んでいたそうです。

ドリフのコントで『志村、後ろ!後ろ!』と叫ぶ子供たちと同じですね(笑)

83歳になっても旺盛な創作意欲を持ち続けた高倉健さん。

高倉健さんは次回作を準備を進めている最中に体調を崩して入院。

そしてそのまま帰らぬ人となってしまいました。

気になる次回作について、詳細は明かされていませんが

オリジナル作品で親子の物語を描く感動作となる構想だったようです。

そして遺作となってしまった映画『あなたへ』のスタッフが中心となって

次回作の企画を練っていた最中だったそうです。

もう、高倉健さんの206本目の作品を観ることができないなんて…

残念でなりません。

 

高倉健のゲイ疑惑は本当なのか!?

 

geifu

 

下世話な話で恐縮ですが、一部のファンの間では“高倉健さんはゲイなのでは?”

との噂がありました。

特にゲイの聖地・新宿2丁目では昔から高倉健さんさんの人気は絶大なものでした。

ゲイの間では高倉健さんのようなタイプを『アニさん系』と分類されるそうです。

しかし、新宿2丁目の住人たちは、お気に入りの有名人をお仲間にしたが

傾向があります。

よって高倉健さんはゲイではなかったと思います。

その証として、1959年に高倉健さんは歌手で女優の江利チエミさんと結婚します。

結果的に江利チエミさんの体調の理由で流産してしまいまいますが、

子供を授かったこともあります

1971年には離婚し、再婚することはありませんでしたが、

それも健さんなりの誠意だったのではないかと考えています。

チエミさんは1982年2月に45歳という若さで心不全で亡くなってしまいます。

その後32年間、高倉健さんはチエミさんの命日になると必ず墓参り

出かけていたそうです。

健さんの主演映画「鉄道員」では、テーマ曲としてチエミさんの

代表曲「テネシー・ワルツ」が使われています。

そのように今は亡き元妻に思いを寄せる男がゲイである訳がないと思います。

 

関連記事:映画俳優・高倉健の病気の原因・死因は?

 

 


sponsored link

 

 

関連記事はこちら