画像引用:http://www.asagei.com/wp-content/uploads/2017/04/20170421_asagei_syunputei.jpg人気お笑い番組・笑点の6代目司として活躍する春風亭昇太さん。

テンポのよい軽快な語り口が魅力的ですよね!

そんな春風亭昇太さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

春風亭昇太のプロフィール

 

《春風亭昇太のプロフィール》
画像引用:http://www.asagei.com/wp-content/uploads/2017/04/20170421_asagei_syunputei.jpg本名:田ノ下 雄二(たのした ゆうじ)
生年月日:1959年12月9日
出身地 :静岡市清水区
身長:163cm
血液型:O型
所属:落語芸術協会

 

 

 

春風亭昇太の出身地と実家の家族構成

 

 

画像引用:http://www.shunputeishota.com/

画像引用:http://www.shunputeishota.com/

1959年12月9日生まれ静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身の春風亭昇太さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、お兄さん、春風亭昇太さんの4人家族です。

一般人だったため、昇太さんのご家族に関する情報はほとんど公開されていません。

ただ、お父さんが、サラリーマンだったことはわかっています。

落語家になった昇太さんは、お父さんをモデルにした創作落語『お父さんの決断』を発表しています。

その落語によると、お父さんはタバコを1日に70本吸うヘビースモーカーだったようです。

また、お兄さんは春風亭昇太さんの2歳年上です。

子どもの頃は、落語が大好きだったという昇太さんのお兄さん。

お兄さんが、子供部屋で、イヤホンで落語を聞きながらニヤニヤしている姿を見て、昇太さんは「気持ち悪い!」と思っていたそうです。

このころの昇太さんは、まさか自分が落語家になるとは思っていなかったでしょうね!

 

 


sponsored link

 

 

春風亭昇太の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

春風亭昇太さんの出身小学校は、清水市立清水辻小学校です。

現在では、静岡市と清水氏の合併に伴い、静岡市立清水辻小学校となっています。

子どもの頃は、なにをやってもダメだったと振り返る春風亭昇太さん。

座右の銘は、子どもの頃に出会った、漫画家・水木しげるさんの『少年よ、無理をするなかれ!』という言葉です。

昇太さんが小学生のころといえば昭和40年代のこと。

昭和40年代といえば、ど根性が美徳とされた時代です。

そんな時代に『少年よ、無理をするなかれ!』という言葉に魅了された春風亭昇太さん。

この言葉に出会ったからこそ、今の昇太さんがあるのかもしれませんね!

春風亭昇太さんの出身中学校は、清水市立第六中学校です。

こちらの学校も、静岡市と清水氏の合併に伴い、現在は静岡市立清水市立第六中学校となっております。

中学生時代はブラスバンド部に所属していた、春風亭昇太さん。

ブラスバンド部では管楽器を担当していたようです。

楽譜が読めなかった昇太さんは、指の動きをで楽曲を覚えたとか…

楽器ばかりは、ど根性で覚えたみたいですね(笑)

 

 

春風亭昇太の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:http://www.shunputeishota.com/画像引用:http://www.shunputeishota.com/

春風亭昇太さんの出身高校は東海大学第一高等学校(偏差値52)です。

現在では、校名が東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部に変わっています。

東海大学第一高校はスポーツが盛んなことで有名で、野球、サッカー、ラグビーをはじめ、多くの競技で全国大会出場を果たしています。

特にサッカー部は全国区制覇を成し遂げたこともあり、多くのJリーガーを輩出しています。

高校時代はソフトボール部に所属していた春風亭昇太さん。

なんと昇太さんは、高校3年生のときにソフトボールで国体に出場した経歴の持ち主なんです!

見かけによらず、運動神経バツグンなんですね!

ただ、当時、静岡県で男子ソフトボール部のある高校は2校しかなかったそうです…

そして、高校を卒業した春風亭昇太さんは、内部進学で東海大学文学部歴史学科(偏差値45)に進学します。

大学では、日本史を専攻していたそうです。

大学入学後、ラテンアメリカ研究会に入会しようと考えた春風亭昇太さん。

ラテンアメリカ研究会とは何をするサークルなのか、いまいちピンときませんが…

現在の東海大ラテンアメリカ研究会は『コーヒーのいれ方を研究するサークル』のようです。

入会するためにラテンアメリカ研究会の部室を訪ねた春風亭昇太さん。

しかし、ラテンアメリカ研究会の部室には誰もいませんでした。

そして、ラテンアメリカ研究会の部室の前で待つ昇太さんを見た落語研究部の先輩に「うちの部室で待ってれば?」と声を掛けられ、そのまま落語研究部に入部。

これが、春風亭昇太さんと落語の出会いとなりました。

落語研究部に入部した春風亭昇太さんは学生時代から頭角を現します。

大学2年生の時に、先輩の代役で出場したテレビ東京の『大学対抗落語選手権』で優勝。

勢いに乗った昇太さんはテレビ朝日の『ザ・テレビ演芸』に漫才コンビ、ザ・まんだらーずとして出演。

ザ・テレビ演芸は、下積み時代のダウンタウン、ダチョウ倶楽部、竹中直人さんなども出演した登竜門的なお笑い番組です。

そんな、伝説的なお笑い番組で春風亭昇太さんは、見事に初代グランドチャンピオンとなります。

これを期に昇太さんは大学4年生の時に東海大学を中退。

そして、春風亭柳昇に入門し、落語界入りをはたしています。

 

 

まとめ

春風亭昇太さんの生い立ちや学歴、芸能界デビューのキッカケについて調べてみました。

1992年、落語界に入門してから、わずか10年で真打に昇進した春風亭昇太さん。

もし大学の落語研究部に入部していなかったら、その才能も開花していなかったことでしょう…

春風亭昇太さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 

 


sponsored link

関連記事はこちら