画像引用:http://uf8.xsrv.jp/wp-content/uploads/2016/08/matusigeyutaka_cookdo_cm-1024x802.jpgどんな役でも巧みに演じきる演技派俳優の松重豊さん。

その存在感は抜群で、松重豊さんが演じると台詞にもどこか説得力がありますよね。

そんな松重豊さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link


松重豊のプロフィール

 

《松重豊のプロフィール》
画像引用:http://xn--u9j1paa5819aldn22a23du38b5x2avm7a4les18cv7r.com/wp-content/uploads/2016/07/cap267-300x169.jpg本名 :松重豊(まつしげゆたか)
生年月日:1963年1月19日
出身地:福岡県三潴郡筑邦町(現 久留米市荒木町)
身長:188cm
血液型:AB型
所属事務所:ザズウ

 

 

 

松重豊の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://matsushige.cocolog-nifty.com/

画像引用:http://matsushige.cocolog-nifty.com/

 

1963年1月19日生まれ、福岡県三潴郡筑邦町(現 久留米市荒木町)出身の松重豊さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、松重豊さんの三人家族です。

松重豊さんは一人っ子だったんですね!

この時代は兄弟がいる家庭が当たり前のような時代だったでしょうから、一人っ子の家庭はなかなか珍しかったのではないでしょうか。

また、松重豊さんのお父さんはとても酒癖が悪かったそうで、お酒が入ると暴力が絶えず、ちゃぶ台をひっくり返すことも日常茶飯事だったんだとか。

しかし松重豊さん自身は「普通の家庭に育った」と語っておられるので、本人は父親が酔っ払って暴れることを特に何とも思っていなかったのでしょう。

また、小さい頃は内気で大人しい少年だったようですが、2、3歳の頃、長崎のとあるレコード屋さんの前で、橋幸夫さんの「恋をするなら」が欲しくて泣いていたというエピソードもありました。

 

 


sponsored link

 

 

松重豊の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://www.geocities.jp/

画像引用:http://www.geocities.jp/

 

松重豊さんの出身小学校は特定できませんでしたが、出身中校学の学区より福岡市立香椎小学校か香住丘小学校に通っていたと思われます。

小さい頃から相撲が大好きだった松重豊さん。

小学校入学前に、11月の九州場所で高見山からキャラメルをもらったこともあるんだとか。

松重豊さんの出身中学校は福岡市立香椎第二中学校です。

中学時代の松重さんは本気で相撲の力士を目指していたそうですよ。

松重豊さんといえば190cm近くあり長身のイメージが強いですが、何と中学校の頃には既に185cmもあったというので驚きですよね。

きっと同級生とは頭一つ分くらい違っていたでしょう。

その恵まれた体格を利用して、柔道や相撲など格闘技系のスポーツに熱中していたそうですよ。

 

 

松重豊の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

画像引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

松重豊さんの出身高校は福岡県にある西南学院高等学校(偏差値70)です。

松重豊さんが卒業されたのは随分昔なので今と偏差値は違っているかもしれませんが、古くから福岡県内では有数の進学校として知られていたそうですよ。

卒業後は難関大学に進まれる方も多かったそうです。

松重豊さんは高校時代に音楽や映画に興味を持ち、石井聰亙監督の作品に触発されて自主映画を作成し文化祭で上映したこともあったそうですよ。

高校卒業後は明治大学文学部(偏差値63)に進学されています。

大学時代は演劇学を専攻し、演じるよりも制作側を目指していましたが、数多くの舞台を観るうちに演じることに興味を持ち始めたそうですよ。

そして在学中の1983年、三谷幸喜さん主催の「東京サンシャインボーイズ」作品に参加し、舞台「6ペンスの唄」で俳優デビューを果たしています。

 

 

まとめ

 

松重豊さんの生い立ちや学歴、芸能界デビューのキッカケについて調べてみました。

長きに渡り映画やドラマ、舞台で活躍をしている松重豊さんですが、連続テレビドラマの初主演が2012年の「孤独のグルメ」だったとはとても意外でした。

これからも様々な作品で名演技を見せて欲しいです。

松重豊さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 

 


sponsored link

 

関連記事はこちら