画像引用:http://hot-fashion.click/wp-content/uploads/2016/10/%E7%AC%91%E3%81%84%E9%A3%AF%E5%93%B2%E5%A4%AB.pngダブルボケ漫才で漫才界の革命児と呼ばれ、新たなお笑いスタイルを作り上げた笑い飯の中西哲夫さん。

テンポの良い掛け合いは、一度見ると虜になってしまいますよね。

そんな笑い飯・哲夫こと中西哲夫さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

中西哲夫のプロフィール

 

《中西哲夫のプロフィール》
画像引用:http://torendosokuhou.com/wp-content/uploads/2016/10/3cc19e5d310754a8d7f86de1933ec799.jpg本名 :中西哲夫(なかにしてつお)
生年月日:1974年12月25日
出身地:奈良県桜井市
身長:173cm
血液型:O型
所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

 

 

笑い飯・中西哲夫の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:https://stat.ameba.jp/

画像引用:https://stat.ameba.jp/

 

1974年12月25日生まれ、奈良県桜井市出身の中西哲生さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、お姉さん、哲夫さんの4人家族です。

笑い飯・哲夫さんのご実家は中西商店というそうめん屋さんを営んでいるそうですよ。

しかし、あまり儲かってはいないようで、昔バラエティ番組で「年商は10万円ほど」と仰っていたそうです。

お父さんのご職業は公務員のようなので、そうめん屋さんはお母さんかお祖父さん、お祖母さんが経営されているのかもしれませんね。

年商10万円では家族を養うことはできないでしょうから、お父さんが公務員として働き一家を養っていたのでしょう。

また中西哲夫さんは名字を名乗ることがほとんどないそうで、その理由が「中西」という名字があまり好きではないからだそうですよ。

 

 


sponsored link

 

 

笑い飯・中西哲夫さんの出身小学校・中学校

 

画像引用:https://www.suruga-ya.jp/

画像引用:https://www.suruga-ya.jp/

 

笑い飯・哲夫さんの出身小学校は公開されていませんが、出身中学校の学区より三輪小学校、織田小学校、纒向(まきむく)小学校のいずれかの可能性が高いようです。

小学校時代の哲夫さんはドリフとサッカーが大好きな少年だったそうです。

サッカーは毎日のようにやっていたそうですよ。

出身中学校は桜井市立大三輪中学校で、中学時代はお笑いが大好きすぎて、友達にもお笑い好きなことを内緒にしていたんだとか。

好きすぎて隠すなんて、少し異常なほどのめり込んでいたんでしょうね。

また、市田塾という奈良県ではトップレベルの塾に通っていたようで、勉強も相当できたみたいです。

この市田塾というのは奈良県の難関進学校を目指すための塾ということなので、中西哲夫さんの成績は学年でも上位だったのでしょう。

 

 

笑い飯・中西哲夫の出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/

画像引用:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/

 

中西哲夫さんの出身高校は奈良県立奈良高等学校(偏差値72)です。

この偏差値の高さを見れば、中西哲夫さんがどれだけ優秀だったか分かりますね。

また、中西哲夫さんが奈良高等学校出身だということを明かすと、同県出身である明石家さんまさんはとても驚いたそうですよ。

それほど奈良高等学校というのは難関校なのでしょう。

高校時代もお笑いが大好きで、この頃には自分にはお笑いの素質があると気付いていたようです。お笑い芸人の道を考え始めたのもこの頃だそうですよ。

高校卒業後は関西学院大学文学部哲学科(偏差値52.5~57.5)に進学されています。

大学時代には教員免許を取られたようで、いつかは分かりませんが小学生が通う浜学園で講師をされていたこともあるそうです。

そして大学在学中に自動車販売のディーラーへの内定が決まっていましたが、お笑い芸人の夢を捨てきれず、お笑いの道に進むことを決めています。

大学卒業後の1996年に初舞台に立ち、お笑い芸人としての第一歩を踏み出したようです。

 

まとめ

 

中西哲夫さんについて調べてみました。

笑い飯の漫才はとてもシュールなものが多い気がしますが、さすが頭がいいだけあって人とは違う観点から漫才を作ることができるんだなと感心しました。

これからもたくさんの笑いをお茶の間に届けてほしいです。

中西哲夫さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 

 


sponsored link

 

関連記事はこちら