画像引用:http://xn--u9jy52g7hi70x09p6lc7t7c.com/wp-content/uploads/2015/05/xWS0000141.jpg.pagespeed.ic.weh8kIqoK3.jpgお笑い芸人としてだけではなく、俳優やタレント、声優、演出など多岐にわたり活躍しているラサール石井さん。

なぜ芸名が「ラサール石井」なのかも興味が湧きますよね。

そんなラサール石井さんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

ラサール石井のプロフィール

 

《ラサール石井のプロフィール》
画像引用:http://arasujinetabare.com/wp-content/uploads/2016/03/2065.jpg本名 :石井章雄(いしいあきお)
生年月日:1955年10月19日
出身地:大阪府大阪市住吉区
身長:163cm
血液型:O型
所属事務所:石井光三オフィス

 

 

 

ラサール石井の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://健康法.jp

画像引用:http://健康法.jp

 

1955年10月19日生まれ、大阪府大阪市住吉区帝塚山出身のラサール石井さん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん、ラサール石井さんの5人家族です。

ラサール石井さんは3人兄弟の末っ子だったんですね!

末っ子は甘えん坊でワガママなイメージがありますが、ラサール石井さんもそんな子供だったのでしょうか。

ご実家は、以前は煮豆屋さんを営んでいたそうですが、現在はラサールさんのお兄さんがうどん屋さんをされているようです。

煮豆屋さんがどうなったのかは分かりませんが、お兄さんのうどん屋さんは、関西風の出汁に讃岐風の麺がよく合い美味しいと地元でも人気のお店のようですよ。

また、ご家族はみんなお笑い番組が大好きで、小さい頃からお笑い番組をたくさん見る環境だったんだとか。

ラサール石井さんも、この頃はコメディアンに憧れていたそうですよ。

 

 


sponsored link

 

 

ラサール石井の出身小学校・中学校

 

画像引用:http://日刊ニュース速報.jp

画像引用:http://日刊ニュース速報.jp

 

ラサール石井さんの出身小学校は、大阪市立住吉小学校です。

幼稚園時代からたくさんの漢字が読めるなど、賢い少年だったラサール石井さんです。

意外にも小学校時代は授業中妄想ばかりしていて意外と成績はよくなかったそうです。

しかし「俺はやればできる」という自信だけはあったそうですよ。

運動は大の苦手で、とくに球技はからっきしダメだったんだとか。

床に落ちたバレーボールを拾おうとしたら足で蹴ってしまった、なんてエピソードもありました。

出身中学校は大阪市立住吉中学校で、中学時代は青島幸男さんに憧れて放送作家を目指していたそうです。

また、実家の裏に、当時は名門の進学塾として全国区に有名だった「入江塾」があったため、ラサール石井さんも中学1年生の頃から通われたそうですよ。

1、2年の頃はサボってばかりでしたが、それが両親にバレたため3年生の時は真面目に通ったようです。

中学3年の3学期は死ぬほど勉強して、鹿児島県の超名門校ラ・サール高等学校を受験されています。

 

 

ラサール石井さんの出身高校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://images.talent-dictionary.com/

画像引用:https://images.talent-dictionary.com/

 

ラサール石井さんの出身高校はラ・サール高等学校(偏差値76)です。

ラサール石井さんは見事猛勉強の末、名門のラ・サール高校に入学されています。

その偏差値をみれば、ラサール石井さんがどれだけ頭が良かったか分かりますね。

誰しもが猛勉強すれば受かるといったレベルではなく、もともとの地頭が相当賢くなければこの高校に合格するのは難しいでしょう。

この高校の上位100人は東大に入ると言われている高校で、最初の実力テストは260人中7位だったそうですよ。

しかしそれで安心し勉強しなくなったらどんどん成績が落ちてしまったそうです。

高校卒業後は東京大学も受験しましたが不合格で、早稲田大学第一文学部(偏差値60~70)に進学されています。

そして在学中に劇団テアトル・エコー養成所に入所し、そこで一期下だった渡辺正行さん、小宮孝泰さんとコント赤信号を結成され本格的に芸能活動を始めたようです。

この頃から多忙だったようで、学業と芸能活動の両立が難しく早稲田大学から除籍され、本格的に芸能の道へ進まれています。

 

 

まとめ

 

ラサール石井さんについて調べてみました。

小学校時代から「俺はやればできる」と思っていたラサール石井さんですが、口だけではなく本当にできる男なんだと感心しました。

多彩なラサール石井さんが、今後どのような分野で活躍を遂げるのかとても楽しみです。

ラサール石井さんの今後も変わらないご発展を期待しています。

 


sponsored link