画像引用:http://takei-so-fan.site/wp-content/uploads/2016/08/5eebe0b7a1ac135c191c78d2f51037cc.jpg?fit=800%2C600肉体派タレントとして、バラエティ番組に引っ張りダコの武井壮さん。

「百獣の王」を目指す武井さんは、2020年の東京オリンピックに向けて、セーリングと近代五種の競技にチャレンジすると公言しましたね。

そんな武井壮さんの生い立ちや学歴、そして芸能界デビューのキッカケはどんなものだったのでしょうか?


sponsored link

武井壮のプロフィール

《武井壮のプロフィール》
画像引用:http://geinoumaruhi.com/wp-content/uploads/2017/03/8-300x220.jpg本名:武井 壮(たけい そう)
生年月日:1973年5月6日
出身地:東京都葛飾区
身長:175cm
血液型:A型
所属事務所:なし

 

 

武井壮の出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://yunknown.com/wp-content/uploads/2014/10/BW2chmCIMAABgXG1.jpg

画像引用:http://yunknown.com/

 

武井壮さんは、1973年5月6日、東京都にて誕生しました。

家族構成は、両親に兄が一人の4人家族。

両親は武井さんが幼い時に離婚し、母は一人家を出ていきました。

今でも実母はどこで何をしているかわからないそうです。

そして残された幼い兄弟は、父の手で育てられます。

しかし、その父も他に家庭を作ってしまい、兄弟二人だけの生活になってしまいます。

2歳年上の兄・情さんだけが武井さんの唯一の支えでした。

まだ子供だった兄弟は、二人で身をよせあって一生懸命子供だけで生きていきます。

親からの愛情にとても飢えていた武井さん兄弟は、「人に認められたい」「誰かに褒めてもらいたい」の一心で、頑張りました。

ちなみに、実父は武井さんが芸能界で有名になってから連絡が来たそうで、サインが欲しいと頼まれたそうです。

そして、何も言わずに「わかった」と言ってサインを書いたそうな。

そんな対応をされた武井壮さんは、非常に大人ですよね。

幼いころから、子どもだけでの生活を余儀なくされていた武井さん。

あまりにも壮絶な人生に驚きます。

 

 


sponsored link

 

 

武井壮の出身小学校・中学校

 

画像引用:https://pbs.twimg.com/

画像引用:https://pbs.twimg.com/

 

武井壮さんの出身小学校は、葛飾区立亀青小学校です。

小学生のころから兄の情さんと共に子供二人だけの生活をしていた武井壮さん。

炊事、洗濯とすべてのことを自分たちでこなしていました。

それが当たり前の生活だったため、特別しんどいとは思ったこともなかったようです。

また、小学生のころから非常に活発でストイックだった武井壮さん。

徒競走で勝つために、毎朝ストップウォッチを持って走って登校していたそうです。

そして、運動だけではなく勉学にもそのストイックさを表していたという武井壮さん。

小学校時代の自由研究では当時人気であった家庭用小型ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」について研究しており、そのストイックな研究で金賞を取ったこともあるといいます。

そんな子供だけの生活の中、生活費を工面するために自らが考えだした仕事もあり、それは各家庭や店舗をまわってゴミ出しをするというバイト。

1件500円で請け負い、約150件ほどをまわり、月に75,000円もの収入を得ていたようです。

小学生にして、すべての面において自立し、生きる術を極めていますね!

そんな武井さんは、小学校を卒業すると、私立修徳中学校に進学します。

私立の学校ですので、学費は?と思うかもしれませんが、実は武井さんは成績トップの人だけに与えられる奨学金にて、学費が免除という制度を利用していたのです。

その上、月に1万円の補助金ももらえるということで、おそらく生活のために必死に勉強をしたのでしょう。

中学時代は、野球部に所属されていた武井壮さん。

野球部での練習も非常にストイックにこなしてうた上、常に学業での成績もトップクラスだったようです。

ここでも「人に認められたい」という思いが強くあらわれている結果ですね。

 

 

武井壮の出身高校校・大学と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://news.mynavi.jp/

画像引用:https://news.mynavi.jp/

 

そんな武井壮さんは、中学卒業後は同じ系列の修徳高等学校に進学します。

中高一貫校ですので、内部進学をされたんですね。

修徳高校の偏差値は、54です。

ここでも、スポーツの特待生及び、学業優秀者には学費の免除、そして学年3位以内に入れば入学金も免除ということで、必死で努力をされていたようです。

高校ではボクシング部に所属していたそうですね。

そんな武井さんが高校卒業後に進学したのは、神戸学院大学。

こちらは私立の大学ですが、おそらく武井さんはスポーツ推薦などの学費免除になる制度を利用して入学されたのではないでしょうか。

神戸学院大学在学中に陸上競技をはじめ、3年時には十種競技に挑戦します。

そして、メキメキと頭角をあらわした武井さんは、中央学院大学にスカウトをされ、神戸学院大学卒業後に進学をします。

1997年、24歳の時に日本陸上競技選手権大会において、十種競技でのチャンピオンになります。
たった2年半の競技歴で、日本一。

尚、武井さんの十種競技100m走の自己記録は10秒54は、2015年まで日本記録だったようです!

すさまじい才能ですね!

そんな時、苦楽を共にしてきた唯一の支え、お兄さんがガンで死去します。

兄は、芸能界を目指しており、坂上忍さんの付き人をされていたようですが、残念ながら病に倒れてしまいます。

悲しみを乗り越えた武井さんは、大学卒業後はアメリカに2年間ゴルフ留学をします。

その後は台湾プロ野球のコーチをを経て、2001年から2010年頃まではスポーツ選手の個人トレーナーをしていたようですね。

また、2004年ごろから2013年ごろまでは家無し生活をされていたようで、生活は友人宅かホテル暮らしだったようです。

それと同時に、2003年ごろから兄の意思を継ぎ、本業の合間に芸能活動をしていたという武井壮さん。

2006年、33歳の時に、アゴのトレーニングのために犬用のガムをバーで食べていた武井さんは、ピエール瀧さんに見いだされ、テレビの準レギュラーを獲得します。

その後は、あらゆる番組に出演するようになり、持ち前のストイックさと肉体で、今ではバラエティ番組で引っ張りダコとなっていますね!

 

まとめ

 

アスリートタレントとして、様々な番組に出演し、有名タレントとなった武井壮さん。

そんな武井さんですが、幼少期から壮絶な人生を経験し、非常にストイックな生活をしてきたのがわかりました。

2020年の東京五輪に出場するとも公言されていますし、これからの活躍が非常に楽しみなタレントさんですね!

 


sponsored link

関連記事はこちら