画像引用:http://funny-styles.com/wp-content/uploads/2016/02/%E9%A3%AF%E8%B1%8A%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%88TOP.jpg吸い込まれるような透明感と柔らかい雰囲気で男女共に人気の飯豊まりえさん。

最近では数々のドラマやCMに出演し、テレビで見ない日はないというくらいの活躍ぶりですね。

そんな飯豊まりえさんの出身校や生い立ち、芸能界デビューのキッカケについて調べてみたいと思います。


sponsored link

 

飯豊まりえのプロフィール

《飯豊まりえのプロフィール》
画像引用:http://belcant0.com/wp-content/uploads/2017/10/%E7%84%A1%E9%A1%8C-104.jpg?resize=600%2C427本名 :飯豊万理江(いいとよまりえ)
生年月日:1998年1月5日
出身地:千葉県千葉市
身長:167cm
血液型:B型
所属事務所:エイベックス・マネジメント

 

 

飯豊まりえさんの出身地と実家の家族構成

 

画像引用:http://lifepages.jp/

画像引用:http://lifepages.jp/

 

1998年1月5日生まれ、千葉県千葉市出身の飯豊まりえさん。

実家の家族構成はお父さん、お母さん、飯豊まりえさんの3人家族。

飯豊まりえさんは一人っ子でした。

お父さんとお母さんは一般の方で詳しい情報は公開されていませんでした。

しかし、飯豊まりえさんはご両親と仲が良く、とても大切にされているんだとか。

ご自身のツイッターでも、お休みの日には家族でお出かけをしたり、家族でお寿司を食べに行ったことをつぶやかれているようです。

また、ハロウィンの日には街中が仮装した人たちで溢れる中、家族が待っているからと真っ直ぐ家に帰っていました。

本当に家族を大切にされているんだなぁとホッコリしますね。

きっと一人っ子で、お父さんからもお母さんからもたくさんの愛情を注いでもらったのでしょう。

 


sponsored link

 

 

飯豊まりえの出身小学校・中学校と芸能界デビューのキッカケ

 

画像引用:https://free-style-info.com/

画像引用:https://free-style-info.com/

 

飯豊まりえさんの出身小学校は特定できませんでした。

しかし、出身中学校の学区より、千葉市立生浜小学校、生浜東小学校、生浜西小学校の3校まで絞り込むことはできます。

飯豊まりえさんの出身中学校は、千葉市立生浜中学校です。

飯豊まりえさんが芸能界にデビューのは小学生時代のこと。

2008年にalanの『懐かしい未来~longing future~』のバックコーラスとプロモーションビデオに出演し、芸能界デビューしています。

また、2008年には『avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション』に挑戦し、応募数約800人の中から見事グランプリを受賞。

そして雑誌『ニコ☆プチ』のモデルとして、モデルデビューも果たしています。

モデルデビュー後すぐに『ニコ☆プチ』の表紙を飾るなど、瞬く間に人気に火がついたようです。

中学時代の2011年には『ニコ☆プチ』を卒業し、『nicola』の専属モデルとして活躍されています。

 

 

飯豊まりえさんの出身高校・大学

 

画像引用:http://www.cinemacafe.net/

画像引用:http://www.cinemacafe.net/

 

飯豊まりえさんの出身高校は、多くの芸能人を輩出していることで有名な東京都目黒区にある日出高校(偏差値42)です。

小学校時代からモデルとして活躍されていた飯豊まりえさん。

高校は幅広く芸能活動を行えるよう日出高校に進学されたのでしょう。

高校時代には、モデルだけでなく女優としても活躍の場を広げています。

また、高校生活のエピソードはあまりありませんでした。

しかし、同じ高校に通う同級生の玉城ティナさんとは仲が良く、高校を卒業した時に『いつか映画で共演する』という目標を決めたそうです。

そして、その目標は、2017年公開の映画『暗黒女子』で実現されています。

また、他にもモデルの中川可菜さんも同級生で、卒業後も非常に仲良しなんだそうです。

高校卒業後の飯豊まりえさんは、芸能活動に専念するため大学への進学はされていないようですね。

 

 

まとめ

 

小学生時代からモデルとして活躍し、ティーンの人気を集めてきた飯豊まりえさん。

順風満帆な芸能生活にみえますが、自身で目標をしっかり作り、着実にそれを達成してきた積み重ねで今の飯豊まりえさんがあるのでしょう。

これから年齢を重ねるにつれ、どのように変化していくのかとても楽しみです。

飯豊まりえさんの今後ますますのご活躍を期待しています。

 


sponsored link

関連記事はこちら